今日のマジック サマーリーグ2戦目とFA交渉もろもろ

マジック青98-73ピストンズ

マジック青のスターターは
PG ニック・ジョンソン
SG デヴィン・マーブル
SF オカロ・ホワイト
PF ステファン・ジマーマン
C  ヴィンセント・ポイーラー

マーブルとジマーマンしかロスター入りな若手がいないと言う事で、面白みは少ないのですが、そのマーブルとジマーマンがともにFG2/11ではダメすぎますね。

ジマーマンは9リバウンド2ブロックと2順目指名選手としては拾いものになりそうな感じもあるんですが、マジックがバブル補強をしているので、果たしてどうなるのかと言うところですね。

ヘニガンGM体制になってから去年までならば若手に期待したチーム作りと言う事で、本契約までいけそうな雰囲気は持っていると思うのですが。


あと、マジックに関係ないですが、ドラフト1位指名のシクサーズのベン・シモンズがサマーリーグ初戦でプレイ中の激突で足を痛めて退場していたのが、シクサーズの大物な若手はケガがちというか、2年まるまるポジション怪我人なんてのもいるくらいですから、気になりますね。


FA契約合意ですが、今オフ最大の目玉であったケヴィン・デュラントがウォーリアーズと合意というNBA全体に影響がでまくりな契約が決まりましたね。

スプラッシュブラザーズにデュラントといては、ボール1個でやるのが勿体ないくらいな得点力になるわけですが、問題はこれは上手く嵌まるのか?だったりしますね。

ボールをよこさないとダメというプレイヤー達ではないので内部分裂のような失敗は無いとは思いますが、果たしてどうなるのか?少なくともこれだけで現段階でガチガチ優勝候補扱いにはなるんでしょうが。

そして、西でウォーリアーズの優勝阻止を狙うスパーズはパウ・ガソルを引っ張ってきたわけですが、ここはティム・ダンカンやマヌ・ジノビリといった引退するかどうか扱いの大ベテランがどうなるのか次第、ダンカンは現役続けるとなるとベンチスタート扱いになるんでしょうかね。

改めてESPNを元ネタに合意をまとめると

タイラー・ジョンソンが4年5000万のオファーシート
トレイ・バークはジャズからウィザーズに2021年のドラフト2巡目指名権とトレード
ジャマール・クロフォードはクリッパーズと3年4200万で残留
レイジョン・ロンドはブルズと2年2800万
マット・バーンズがキングスと合意
デロン・ウィリアムズがマブスに1年1000万で残留
ケビン・デュラントはウォーリアーズと2年5430万
パウ・ガソルはスパーズと2年30万
ハリソン・バーンズはマブスと4年9400万でウォーリアーズはマッチせず、アンドリュー・ボガットもトレードで追加
ブランドン・ジェニングスがニックスと1年500万
ルーク・ムバムテがクリッパーズと2ン450万
マシュー・デラベドバがバックスとの4年3840万の契約合意にキャブスはマッチせず

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム