今日の読書 よっつ屋根の下/大崎梢

勤め先の不祥事の関係で東京から千葉の端っこである犬吠埼の病院に転勤させられることになった父。

その転勤先に一緒について行くことになった小学生の息子、東京に残ることにした母と娘。

転勤をきっかけに親子四人は二手に分かれて暮らすことになってしまった。

その4人が転勤をきっかけにそれぞれ家族について思いを巡らすことになるという、家族四人、それぞれが主役の短編を繋いでいき最後にそれぞれ転勤をきっかけで、どう影響されたのかとまとめる連作短編型長編になります。

最初の『海に吠える』という作品は、犬に関する小説をまとめたアンソロジーに大崎梢が犬崎梢名義で発表された作品で、すでに読んだことがあり、それを確認しないまま読み始めて、これ読んだことあるなぁと、作品全体を未読作品のつもりで再読し始めたのかと混乱しましたが、あくまで最初の分だけでした。

そして、『海に吠える』という作品が家族としてわけあり感があって、まだ描かれていないところでいろいろ描こうと思えばできる余地はあるかもしれないなぁという印象が外れていなかったんだなと、この作品集を読んで確認できて良かったと思えますね。

家族というのは、外から見ているだけでは分からない問題を抱えていたりするものですが、裕福で何不自由ないようにしか見えない家庭にも問題があり、それでいてその問題が必要以上に大げさでどろどろした方向にはいかない感じにまとめていて、全体的に読んでいて優しい気持ちになれるものを欲する人は手にするといいんじゃないかなと思えますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「よっつ屋根の下」大崎梢

父の転勤をきっかけに、親子四人は思い巡らす。家族と自分は、どっちが大事? 勤め先の大病院の不祥事隠蔽を批判し、犬吠の地方病院に飛ばされた父。製薬会社に関係の深い実家を気にして、父についていこうとしない母。都会暮らしが好きなのに、父をひとりにできなくて、ついていったぼく。お母さんを責めないで!と言いながら、密かに自分を責めていた妹。たとえ自分は離れても、いつまでもそこにあってほしい、ぼく...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アンソロジーで書いてた短編の続きが一冊になったので、うれしかったです。
こういうこともあるんですね。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

Re: No title

先に書いてあった短編を膨らませてひとまとめに再構成するっていう手法もあるんですね。
それぞれを独立した短編としても読めるし、ひとまとめの繋がりのあるものとしても楽しめるというように持っていくのが上手いと思わされますよね。
トラックバックさせて頂きました。

おまけ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム