今日のマジック NBAプレシーズンマッチ4戦目

ペイサーズ106-114マジック

今日のスターターは
PG エルフリッド・ペイトン
SG マリオ・ヘゾニア
SF アーロン・ゴードン
PF サージ・イバカ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

プレシーズンマッチ初勝利、相手は昨シーズンまでフランク・ヴォーゲル新HCが指揮をしていたペイサーズということで、フランク・ヴォーゲルも嬉しいのではないかと思いますね。

今日はフランスのおしゃれ上級者フォーニエがお休みで代わりにクロアチア代表のマリオ・ヘゾニアが入りましたが、6点止まりでスターターの座を脅かすという事にはならなかったですね、まだ2年目ですし若いですし、安定感は期待していないのでプレイタイム多めでやった事が良い経験になれば良いかなと。

今日の勝因の1つ目ははイバカが19点17リバウンドのダブルダブルと大爆発した事ですね、3Pを3本全部決めたりと、サンダーでの攻撃面での序列が上がらないというか、ラッセル・ウェストブルックとケビン・デュラントの2人がほとんどを占めてしまう事に窮屈さを感じていたから、ここ数年今ひとつだったんだというのを見せつけようとしている感じですね、スターターは全員+/-が-になってしまっているので額面通りに大喜びは出来ないですが、リバウンド強化がオフの狙いの1つでしたから、好きな選手が駒に使われてショックを受けた私に向けて、少なくとも慰めにはなっていますね。

よりこの試合のはっきりした勝因はベンチプレイヤーの活躍ですね。

ジェフ・グリーンが16点、ダミアン・ルデズが11点、CJウィルコックスが12点と2桁得点が3人。

ビスマック・ビヨンボが9点9リバウンド2ブロック、CJワトソンが8点10アシストとセカンドユニットがプレシーズンだから多めにプレイタイムを貰っているというのがあるにせよ、全体として選手層が上がった感じになっていて良いですね。

ジェフ・グリーンの活躍は嬉しいのですが、ポジションどん被りのアーロン・ゴードンが15点6リバウンド2スティールと頑張って結果を出しても、このままだと成長を期待してという条件でプレイタイムを得る特権を失いそうで怖い、まぁ危機感を煽って成長してくれるのならばいいのですが。

ペイサーズの方はスターターを長めに使うレギュラーシーズン仕様という感じになっていて、スターター全員2桁得点とバランスの良さを見せていますがベンチが今ひとつという感じになっていますね。

アル・ジェファーソンはプレシーズン中ずっとベンチスタートですが、このままベンチプレイヤーになって、スターターセンターは2年目のマイルズ・ターナーで行くんですね、マイルズ・ターナーがスターターというのはこの試合でも17点6リバウンド3ブロックと十分な事をしているので納得出来るものですけれどね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム