今日のマジック NBAレギュラーシーズン1戦目

ヒート108-96マジック

今日のスターターは
PG エルフリッド・ペイトン
SG エヴァン・フォーニエ
SF アーロン・ゴードン
PF サージ・イバカ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

マジックも開幕を迎え、相手は同じフロリダ州のヒート。

マジックはスターターは予定通りでしたが、ベンチのビスマック・ビヨンボは昨シーズンのプレイオフでの累積テクニカル・ファウルで出場停止。

フォーニエが20点とエースな活躍をしたのを筆頭に、ヴチェヴィッチ17点24リバウンドのダブルダブル、ペイトン16点5アシスト、イバカ14点7リバウンド、ゴードン12点8リバウンドとスターターは最終的に平均これくらいをベースにしてもらえれば良いかなという基準になりそうな形になりましたが、残念ながらこれにプラスアルファとなるベンチプレイヤーはいなかった事になりますね。

ビヨンボがいないというのがあるにせよ、ジェフ・グリーン、マリオ・ヘゾニア、DJオーガスティンの8人ローテーションでスターターが長めのプレイタイムになっているというのも影響しているとは思いますが・・・

終盤に弱いマジックというのは払拭出来ておらず、前半3点リードで折り返しながら、3Qで30-16とひっくり返されただけではなく勝負まで決められてしまった事になりますね。

ヒートはハッサン・ホワイトサイドが3Qにブロック祭をやるはダンク祭をやるわとインサイドを完全に制し最終的に18点14リバウンド4ブロックと大暴れしたのが大きい事になるんでしょうが、ゴール下のぶつかり合いと言う事を考えるとビヨンボ不在が痛かったなぁと。

ゴラン・ドラギッチに16点6アシストと良いようにやられていますし、ジャスティス・ウィンズローが15点8リバウンド2ブロックで、ルーク・バビットとフォワードでコンビを組んでいるわけですからPFとしても何も問題なくこなすところを見せつけられてしまいましたし、ベンチプレイヤーのタイラー・ジョンソン、ジェームズ・ジョンソン、ウィリー・リードに2桁得点をとられてしまいましたし、いいようにやられてしまったなぁと。

ヒートはドゥエイン・ウェイドが移籍して、クリス・ボッシュが実質ヒートで復活は無いと決めつけられた中、それを埋め合わせる形で若手が伸びているという、ある種の理想型を示した事になりますね。

タイラー・ジョンソンのど派手なダンクを見て、MIP候補として頭をよぎらなかった事を後悔・・・


一切関係ない話ですが、ちょっと見出しに引っかかるものがある記事を見つけ、町内の話かなと思ったらば、知らない間に住みたい町として人気が出ていた方の話で、しかも、改修された影響で全く見覚えの無い写真が載っていました。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム