今日のマジック NBAレギュラーシーズン2戦目

マジック82-108ピストンズ

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG エヴァン・フォーニエ
SF アーロン・ゴードン
PF サージ・イバカ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

マジックの2代前のHCであり、長らく指揮を執っていたスタン・ヴァンガンディHCが率いるピストンズが相手ということで勝ちたかったんですが・・・完敗も完敗でしたね。

今オフにマジックがヘニガンGM就任以来貫いてきたチームの主軸はドラフトで指名する戦略から方向転換し、トレードで補強したサージ・イバカが4点3リバウンド1ブロックどまり、ベンチプレイヤーにそこまで大型契約を与えるのかと話題になったビスマック・ビヨンボが2点3リバウンド1ブロックどまりと、いきなり頭を抱えさせてくれる結果を見せてくれました。

敗因をこの2人におっかぶせるのは、八つ当たりになってしまいますが、共倒れだけは勘弁して欲しいというのも本音。

さらに言うなら、エースとして成長して欲しいフランスのおしゃれ上級者フォーニエが3Pが0/4と不発で8点止まり。

大黒柱のヴチェヴィッチがFG3/12と散々で7点どまりで14リバウンドがせめてもの慰めという感じ。

そんな中、アーロン・ゴードンが17点7リバウンド2スティールと成長を見せてくれているのと、ペイトンも15点6アシストとしっかりやってくれているのは、新人からチームの主力を育てる方針は捨てちゃいけないよというアピールのようにも見えたりするのはバイアスが掛かっていますかね。

クロアチア代表としてオリンピックを経験したヘゾニアも今シーズン初の2桁得点である13点をあげていますし、2巡目指名のビッグマンのスティーブン・ジマーマンも4リバウンドとまずはセンターとして悪くは無いデビューを飾っていますし、余計に思いは強まったりしますが、まだ2戦目で情緒不安定すぎですね。

ピストンズはトバイアス・ハリスが18点、イシュ・スミスが16点8アシストとかつてマジックに在籍した2人がスターターとして頑張っているのに複雑な思いをしていますし、アンドレ・ドラモンドに12点20リバウンドと大暴れされて、これで前の試合ハッサン・ホワイトサイドにインサイドを制圧されたので2試合連続でベタなフィジカル系ゴール下戦用センターに蹂躙されてしまったと・・・

あと今日の試合で残念に思ってしまう要因はサンダーではイバカの代わりに放出したヴィクター・オラディポが21点、ルーキーのリトアニアの英雄息子のドマンタス・サボニスが8点4リバウンドとスターターでまずまず、アーサン・イリャソバが5点5リバウンドとベンチプレイヤーとしてロールをこなして勝利に貢献しているという事ですかねぇ・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム