今日のマジック NBAレギュラーシーズン4戦目

マジック103-101シクサーズ

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG エヴァン・フォーニエ
SF アーロン・ゴードン
PF サージ・イバカ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

とりあえず、今シーズン初勝利で良かった~~~~。

でも、シクサーズ相手に残り1秒まで同点で最後にイバカがファウルを受けてフリースローで決めるという薄氷を踏むような勝ち方というのは、相手が別のチームならば喜ぶのですが、シクサーズですからねぇ、これで勝てないとヤバかったというのが素直な気持ちですね。

ギリギリの勝ちというのを除けば、ヴチェヴィッチが24点14リバウンドと大黒柱ぶりをようやく発揮、しかもFGが11/16とようやく安定感をだしてくれたというのが一番大きいですし、イバカも21点4リバウンド2ブロック、フォーニエも17点と得点の核になる3人がしっかりとしていたというのが、計算が立ってよかったと。

これにペイトンが18点10アシストのダブルダブルで2スティール、アーロン・ードンも7点と得点は伸びませんが、1人ダンクコンテストというようなダンクも決めていますし、3スティールとペイトンと共にディフェンスを期待されている若手だけにまずはこれも計算出来ると。

ただ、ベンチ陣が全員揃って+/-で-っていうのがね・・・ビスマック・ビヨンボが8リバウンドというのが目立つくらいで、他はちょっと・・・

シクサーズということで、同じクロアチア代表ダリオ・サリッチが相手のスターターということでマリオ・ヘゾニアには奮起を期待したのですが、2点とスーパーマリオにはならず。

初勝利に素直にはしゃげる状況ではない事は確かですが、まずは勝ちという経験をしておかないことには悪い方悪い方に行きかねないので、まずはよしとしておきましょう。

シクサーズはルーキーでクロアチア代表、ドラフト指名だけはマジックがしていたサリッチは3Pを3/3決めての21点、NBA入り2年間ポジション怪我人をやってきたジョエル・エンビートが18点10リバウンド4ブロック、久しぶりのNBA復帰のスペイン代表のセルジオ・ロドリゲスが12点11アシストのダブルダブルと新戦力が軒並み活躍。

まだ若手だらけで、チームも久しく勝ち方を忘れているので勝てましたが、チームバランスを微調整できれば、一気にチームがインプルーブしてもおかしくは無さそうですね。

駒にするインサイド陣がジャリル・オカフォーとナーレンズ・ノエルあたりで、いろいろと足下見られる要素がありすぎるのが問題ですが、というかエンビードも2年間もポジション怪我人をやっていたのが嘘のような活躍をしていますが、どうしても無理はさせられないでしょうからねぇ。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム