今日の読書 遠い唇/北村薫

基本的には日常の謎系のミステリー小説の短編集になりますが、7本あるうち最後の作品である『ビスケット』はNHKで放送された『探偵Xからの挑戦状』という番組用に書かれた作品であり、かつて書かれた名探偵・巫弓彦が活躍する短編集『冬のオペラ』の18年ぶりの続編であり、きちんと時間も経過しているという作品になります。

このドラマは久しぶりの名探偵ぶりを楽しみたくて見た覚えがありますが、事件の内容は今回読むまですっかり忘れていました。

北村薫の探偵役の推理というのは論理を積み重ねたものではなく、発想の繋がりによって解決するというスタイルであり、インターネットの情報収集力が発展しきった現代では通用しなくなってきていると書かれているのが若干寂しいですが、実際問題衒学的な探偵ってこれからの時代難しいですかね、調べる手間なく頭の中だけで整理出来たり、情報の意味するところを正確に整理する能力となると普通の人でも簡単にできるかというとそうでは無いのでしょうが。

他の短編は日常の謎や謎と大きく扱っていなかったり、明確に謎解きの答えを出したりはしていないものもありますが、全般的に北村薫らしい作品集だよなと思える一冊になっています。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム