昨日のNBAマガジン11月号

今シーズンもNBAマガジンは継続、ナビゲーター水野裕子、解説は大学史上初めて3部落ちを決めた法政大学ヘッドコーチの塚本さんというコンビも継続。

まずは昨シーズンのファイナル進出2チームから。

キャブスは開幕6連勝、主力選手が去年と替わらずビッグ3が全員好調でレブロン・ジェームズは2週連続週間最優秀選手に選ばれるなど連覇に死角なし。

ウォーリアーズはケビン・デュラントが加入して注目されたが、開幕戦ではスパーズ相手に大敗という波乱の幕開け、しかしその後調整して10試合目のサンズ戦ではステファン・カリー、クレイ・トンプソン、ケビン・デュラントの3人で89点をとっている。

Re:FOCUSのコーナーでは、そのウォーリアーズの大型戦力補強に焦点を当て、デュラント加入でより攻撃的なチームになり強力すぎる形になったものの、マイナス面として選手の入れ替わりが多く、アンドリュー・ボガット、フェスタス・エジリ、マレッセ・スペイツとインサイドの選手が出ていった影響でリバウンドが弱くなった、セカンドチームの得点が下がり先発の負担が増えた事を指摘。

デュラントと高校時代に一緒にプレイしていた松井啓十郎がVTRゲストで、ウォーリアーズについて注目点として、チームはまだ未完成であり、クレイ・トンプソンがやりにくそうに見えるから、トンプソンを今後どう使っていくかに注目。


移籍選手の多いチームの特集ではブルズがドゥエイン・ウェイド獲得し昨シーズプレイオフ進出を逃した チームの意識改革をしているというのと、ウェイドの古巣ヒートとの対戦を取り上げ、ウェイドとチームのエースであるジミー・バトラーの活躍を取り上げ。

ニックスはデリック・ローズ加入して低迷しているチームを改革を狙うも、スタートダッシュに失敗。

しかし、ローズは古巣ブルズ相手にダブルダブルの活躍で勝利。

ホークスはドワイト・ハワードが加入し、インサイドを支配し開幕3連勝、キャブス相手にも勝利し注目チームに。

新コーナーのルーズボールNBAでは試合以外のことも取り上げると、週刊誌の中吊り広告っぽいフリップを作り、小ネタ紹介。

レブロンとウェイドがMLBで賭けをして、ともに故郷のクリーブランド・インディアンズとシカゴ・カブスがワールドシリーズで対戦で負けた方が勝った方のチームのユニフォームを着るという事にし、カブスが優勝なのでレブロンはカブスのユニフォームを着る事になったと。

アマレ・スタウダマイヤーがイスラエルリーグに移籍し、家族みんなでイスラエル生活をして現地で大人気。

岡山学院高校出身のモリス・ンドールがニックスに加入、すごく良い人と宣伝。

通常コーナーに戻り、ラプターズが好調、ダマー・デローザンが得意のダンクだけではなく、ミドルシュートも格段に良くなり自己最高得点を記録。

順位表のチェック。

シーズン最初の放送恒例の優勝予想は水野裕子はクリッパーズ、塚本さんはブルズだが両者とも当てに行く予想というよりは期待込み予想。

松井啓十郎はウォーリアーズを予想。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム