今日のマジック NBAレギュラーシーズン21戦目

マジック98-92ピストンズ

今日のスターターも
PG DJオーガスティン
SG エヴァン・フォーニエ
SF アーロン・ゴードン
PF サージ・イバカ
C  ビスマック・ビヨンボ

長らくマジックでHCをしていたスタン・ヴァンガンディ率いるピストンズ相手ということで、個人的には勝って欲しいあいてになるわけですが、勝ってくれましたね。

イバカが21点7リバウンド4アシスト3スティール4ブロックと何でもやり、数字に残るディフェンスで活躍してくれて、得点はともかく4ブロックというリムプロテクターが欲しくてたまらなかったチーム事情に合致した活躍をしてくれただけではなく、FG9/11というインサイドの選手にはFG%は高くして貰いたいという個人的な趣味もこなしてくれて、あとは安定してこれに近い活躍を常にしてくれればという感じですね。

そして、ニコラ・ヴチェヴィッチがベンチスタートになって、不満はあるようですが不満があるからぶんむくれるというようにならず、16点8リバウンド2アシスト2ブロック、FGは8/14とスターターに復帰するために本来の姿へと復調しようという方向にいっているようでなによりという感じですね。

スターターもベンチもプレイタイムに差が無い形になっているので、スターターからベンチになったヴチェヴィッチやエルフリッド・ペイトンも経験として良い方向に向かっているんじゃないかと思えますね。

エースな活躍を求めているフランスのおしゃれ上級者フォーニエが5点止まりでいまいちなのをベンチ陣がカバーしている形になっていますし、誰かに頼るというよりもチーム全体で勝ちに繋げるというのはマジックの目指す形の1つですから、今日のような勝利は継続して行きたいところですね。

ただ、基本8人ローテーションにプラス1というプレイタイム配分になっていて、マリオ・ヘゾニアとダミアン・ルテズのクロアチア人コンビがローテーション外が続いているのが個人的には残念。

特にヘゾニアは今年プチブレイクくらいを期待しているのにコート上にいないのは困るんですよね、怪我明けのジョディ・ミークスよりもまだ計算ができないというのは、露骨にディフェンス能力なんでしょうが・・・

ピストンズは怪我で出遅れたレジー・ジャクソンがこの試合から復帰ということで、イシュ・スミスに変わってスターターでの出場になりましたが、その復帰戦は飾れず。

レジー・ジャクソンみたいなセルフィッシュ型PGよりは苦労人PGのイシュ・スミスの方が勝ちに直結しやすいという結論を出すには早いかもしれないですが、マジックとしてはチームが噛み合う前で助かったという事は言えるでしょうね。

マジックも期待の2年目であるヘゾニアが上手く上昇気流にのれていないですが、ピストンズの期待の2年目であるスタンリー・ジョンソンも期待値が高かった割に伸びていないですねぇプレイタイム1分じゃ何もしようが無いですから。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム