今日の読書 密室大阪城/安部龍太郎

大坂冬の陣、夏の陣によって豊臣家は滅亡する事になるわけですが、その滅亡する豊臣家を密室となる大阪城だけを舞台として描く歴史小説になります。

歴史小説の題材として有名どころで、両陣営の駆け引きであるとか、豊臣側視点ですとそれこそ真田幸村をメインとするものが多々ある大坂の陣ですが、この作品の基本的な軸は豊臣秀頼と母の淀君の関係の亀裂と言う事になります。

秀頼が秀吉の実子では無いという噂が秀頼の抱く不信感の核にあり、淀君の残した日記が盗まれたという事、それに対応する淀君の態度が秀頼の不信感を煽るというものになり、徳川家康のなりふり構わぬ豊臣家崩壊への揺さぶり、諜報活動による豊臣家内部の疑心暗鬼への道から、それに輪をかけたそれぞれの思惑などなど、一般的に定着しているイメージと、そのイメージが植え付けられている事を利用した作者独自の解釈とが入り乱れていて新鮮ですね。

特に終盤豊臣家の滅亡が目の前に迫ってから明かされる状況はいろいろとどんでん返しとでもいう感じになっていて、ミステリー小説の手法でもあるなぁと驚かされました。

歴史小説の題材として有名どころでも、まだまだ毛色の違うものが出来るという好例だなと思えますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム