今日のマジック NBAレギュラーシーズン29戦目

ラプターズ109-79マジック

今日のスターターも
PG DJオーガスティン
SG エヴァン・フォーニエ
SF アーロン・ゴードン
PF サージ・イバカ
C  ビスマック・ビヨンボ

どうしても繰り返しになってしまいますが、上位チーム相手になると歯が立たないにもほどがあるという試合になってしまいますねぇ。

点数がとれないチームだからこそ、ニコラ・ヴチェヴィッチを早くスターターに戻した方が良いんじゃないか論を勝手に展開していますが、ヴチェヴィッチは10点9リバウンドとベンチスタートとしては悪くはないですが、FGが5/12ではやはりまだ本来の姿では無いと言う事になってしまいますし、今日はスターターのビスマック・ビヨンボが8点12リバウンド3ブロックとこういう数字を残して貰うために引っ張ってきたよねという事で強くも言えないですし。

できれば、昨シーズンまで所属し、昨シーズンのプレイオフでスターターをやってプチブレイク状態だった活躍を見せて欲しいところでしたがそこまでは行かなかったと。

完敗しているので数字をチェックしていても褒めどころを探すのが困難ではるのですが、完敗だからこそローテーション外の選手出場時間が増えるというのは、それはそれで希望を探すことになるのですが、本気で今シーズンせめてプチブレイクはしてくれると期待している、クロアチア代表の6thマンマリオ・ヘゾニアは6分出場で5点というのは悪くは無いですし、まずはローテーション外から脱却するアピールの1つにはなると思うのですが・・・3ターンオーバーというマイナスアピールまでしてしまっているのが・・・

ラプターズはリトアニアのエース、ヨナス・ヴァランチュナスが16点13リバウンド1ブロックと昨シーズン怪我で離脱している間にビヨンボがスターターを奪ってしまうのではというような勢いを見せていたので、マッチアップすれば自分の方が格上というようなアピールをしたかったのかというような活躍。

ダマー・デローザンも31点というのが、驚かないレベルに安定してきていますし、点差が点差ですので完全にラプターズが制した試合ですね。

1Qで終わる試合だったらばマジックは勝てていたのですが2Q以降ズタボロですしね。

あと、ラプターズのルーカス・ノゲイラ6点5リバウンド1ブロックというのはベンチスタートのセンターとして特筆するレベルではないですが、ようやくNBAで当たり前のようにローテションに入ってこれるプレイヤーになったなぁと感慨深いですね。

ホークスでドラフトされた時のサマーゲームで結構な活躍をして目をつけていたプレイヤーでしたが、ドラフトされたとしにはNBAに来ないで、来たら来たでろくすっぽコートにいなかったのですが、なんだかんだとビヨンボの穴を埋めるまでの活躍ではないにしろ、ビヨンボと比べてスターターレベルではない分かえってプレイタイムを調整しないですむという便利な存在になっているのかなと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム