今日の読書 QED~flumen~月夜見/高田崇史

主に勝者によって歪められて残されている日本史の謎と、その謎が絡んだ現実の事件の両方を解決する形の歴史ミステリー小説のQEDシリーズ。

本編最終刊と銘打たれた『伊勢の曙光』が出てから2冊目の作品になります。

元々最終もあまり最終という感じではなかったですし、シリーズの時系列から考えると一気に先に進んだ所が出ていたのに、そこにたどり着く過程は何も描かれていなかったので、本編終了と出された後に続いていても驚かないですし、むしろ続いていることを自然だと思うのですが、今回は月夜見と言うことで、古事記では天照大神、素戔嗚尊と並んで登場しながら、先の2人がその後出番だらけなのにもかかわらず、登場後が全くスルーされている存在の月読命がメインになります。

京都は月読神社で殺人事件があり、翌朝には近隣の松尾神社でも殺人事件が起る。

しかも、その2つの犠牲者は兄妹だったということで、その事件を取材しえいたジャーナリストの小松崎が、取材を進めると単なる神社内で起きた事件というだけではなく、神社だからこそ選ばれたというものらしいと、タタルこと桑原崇に連絡をすると、たまたま京都旅行にきていたということで、またもや事件に巻き込まれることになるというもの。

今回も騙りによって誤魔化されているというの基本姿勢は変わらず、事件そのものへの関与も積極的ではないというのも変わらず、それでいて人間関係は進展ありという感じですね。

個人的には、そろそろ他のシリーズとも接点を見せているのでガッツリと絡むようなものをと期待しているのですが、そういうものが描かれる予定があるのかどうかは知りません。

何だかんだで、このシリーズが一番安定して楽しめているので無理に絡めてとっちらかるような結果になるよりは、微妙にニアミスというのを楽しむのが正のかもしれないですしね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム