今日のマジック NBAレギュラーシーズン31戦目

マジック95--106ヒート

今日のスターターも
PG DJオーガスティン
SG エヴァン・フォーニエ
SF アーロン・ゴードン
PF サージ・イバカ
C  ビスマック・ビヨンボ

ニックス相手には勝てなかったですか・・・微妙に勝ち越しているくらいのチーム相手にも勝ちを計算できないと、本当に上がり目が作れなくなってしまうので、前の試合良い感じに勝った勢いを持ち込みたかったのですが残念ながらそうはならなかったと。

イバカが23点10リバウンド1ブロックと頑張っていますし、フォーニエも21点5リバウンド4アシストとポジション・エースとしてやっているとは思うのですが、その次がベンチスタートのニコラ・ヴチェヴィッチとエルフリッド・ペイトンという、いい加減スターターに戻さないかコンビとジェフ・グリーンの10点なんですよね・・・DJオーガスティンとアーロン・ゴードンもスターターなのにプレイタイムがベンチ陣より少なかったりと、またもや噛み合っていない感がありありと。

ベンチに明確な得点源を置けないからと見なしてヴチェヴィッチとペイトンは配置転換が固定化してきているのかもしれないですが、今のローテーションだとそう思われても仕方が無いのかなぁと。

今日1分しかプレイしていないローテーションから外れているクロアチアコンビが噛み合えばいろいろと良い方向に変化できると過剰に期待しているのですが、その期待に応えられる時が来るのかも怪しい・・・

ニックスはどうしても私はカイル・オクインの14点16リバウンド5ブロックに目が行って仕方が無いですねぇ・・・ベンチスタートでこんなに大暴れされてはどうにも出来ないですし、リムプロテクターを欲しがっているマジックは2年前にはその貴重な戦力を放出していたんですよと(涙)

コートニー・リーが3Pを2/3と堅実に決めて10点とっていたり、ブランドン・ジェニングスがベンチスタートで12アシストだったり、マジック在籍経験者がのきんなみ奮闘しているように見えたり。

あとウィリー・エルナンゴメスが15点5リバウンドと活躍しているのも、ナゲッツの弟ファン・エルナゴメスよりも指名順位が低かったのに、指名順位は当てにならないという事なのか、単純に2015年ドラフト組の方が2016年ドラフト組よりも豊作だったという事なのか。

この試合ニックの方が良いところだらけになるわけですが、そんな中ラトビアの至宝クリスタプス・ポルジンギスが試合中に足を痛めてそのまま試合に戻らなかったのは気がかりですね。

ニックスの成績が上がらない方が都合が良いのはあるのですが、怪我人が増えるのはよろしくないことですからねぇ・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム