今日のNBAマガジン12月号

今月もNBAマガジンが放送されました。

まずはウエスタンからで、ウォーリアーズはステファン・カリー、ケビン・デュラントの活躍で12連勝、クレイ・トンプソンが5日のペイサーズ戦で29で60点の爆発など絶好調。


Re:FOCUSのコーナーはストップ・ザ・ウォーリアーズ、カリーを止めるのは誰だという事でウエストのPG特集。

ラッセル・ウェストブルックはリーグトップの得点、リーグ2位のアシスト、リバウンドも2桁とミスター・トリプルダブルでケビン・デュラントの穴を埋めている、7試合連続のトリプルダブルでマイケル・ジョーダンに並ぶ異次元ぶり。

ジェームズ・ハーデン得点力は健在なままアシストに目覚めリーグトップ、絶妙な駆け引きから自由自在に得点アシストを増やす

クリス・ポール、正当派PG試合をコントロールする第2のヘッドコーチ

デイミアン・リラードは正確なアウトサイドシュートと勝負強さ


ルーズボールNBAのコーナーでは

カリーム・アブドゥール・ジャバーとマイケル・ジョーダンが大統領自由勲章を受賞。

免許取る前に小型飛行機を買い操縦をするリック・カーライルHC。

レブロンがカブスのユニフォームを着てシカゴの試合に行き、ウェイドがいじり倒すという先月号から続くネタ。

ザック・ラビーンがスラムダンクコンテスト3連覇に死角無しというばかりのフリースローラインからの1回転ダンクという動画を投稿したというネタ。

最強のニックスファンの家族がニューヨークニックスワンという名前を息子につけ、その息子がニックスの試合を始めて見に行ったというネタ。

イースタンはキャバリアーズは3連敗と不調になるもレブロン・ジェームズが34得点でチームを鼓舞、ケビン・ラブが3Pの確率が40%超えなど好調となり勢いを取り戻した。

セルティックスは若き指揮官ブラッド・スティーブンスHCが就任以降チームが順調に成長している中、ベテランのアル・ホーフォードが加入し、チームはさらに成長、アイザイア・トーマスが自己最高得点と王者の背中を追いかける状況に。

ホーネッツはケンバ・ウォーカー自己最高得点、3Pも自己最高の成功率など頼れる司令塔としてチームを牽引し、ホーネッツがイーストの台風の目になれるかという所に来ているが、ケンバ・ウォーカーは切り込んでいくプレイが多いから怪我が心配。

最後に順位表の確認と注目選手はヤニス・アンテトクンポのオールラウンドぶり。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム