今日の読書 コクーン/葉真中顕

1995年カルト教団によって、宗教テロが行われた。

そのカルト教団に関わった、関わらされてしまった人々の身に起きたことを、黄金の蝶になってしまった意識が見つめることになるという、胡蝶の夢とバタフライエフェクトという蝶に関わるものを使って表した毛色の変わったミステリー小説という感じですね。

明確にミステリー小説と分類して良いのかどうか判断が難しいですが、かなりミステリー小説の手法が使われているので構わないんでしょう。

テロの犠牲者の家族、カルト教団の教祖の親やかつての友人、カルト教団の信者の家族などなどそれぞれの人生が描かれると同時にあの時別の選択肢をとっていたら、これとは別の世界があり得たのではないかというifを考えさせられる形になっていて、小説内で起きたことと実際の日本で起きた事件とが入り組んでいます。

カルトの恐怖という非常にリアリティのある元ネタがあるだけに、いろいろと考えさせられますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム