今日の読書 マカロンはマカロン/近藤史恵

シェフ2人にギャルソン、ソムリエの4人で回しているフランス料理のビストロ・パ・マル。

その店で起きるちょっとした事件を解決する『タルトタタンの夢』から始まる日常の謎系のミステリー小説のシリーズ3作目になります。

シリーズのメインキャラクターのバックボーンなどは前2作までにあらかた紹介し終わったということで、今回はメインの登場人物の掘り下げというような話はなく、訪れたお客様に関する事のみの謎についてで進み、連作短編としても1つ1つの話しも短く場合によっては日常の謎系のミステリー小説というほど謎解き要素はないものもあります。

ちょっと良い話から、ちょっとした人の闇を見せられる話しまで振れ幅はありますが、事件性のあるものではなく日常の範囲内になっていて、殺伐としたミステリー小説はしんどいというときに気楽に楽しむ事が出来ます。

ただし、フランス料理についての描写だらけなので読んでいて腹が減ってしまうというのと、フランス料理に詳しくないから実はどういう料理なのか今ひとつ把握出来ていないというのは困りものですが。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム