昨日の絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD- 第6話

『籠目』

アリスを狙ってカゴメがいきなり襲いかかって来るも、零が防ぎ逆に一気に追い詰めるまでになると、そこに烈花がやって来て零を止めることに。

竜騎士が蘇ったとき行方不明になった魔界法師2人を烈花は探していたが、その探している魔界法師の1人がカゴメだった。

零が本気を抑えて戦ったにもかかわらず非常に弱っていたカゴメは極度の空腹だったという事で、バー・ルーポに連れて来て思う存分食べさせてからアリスを襲ったわけを話させます。

カゴメは身分も低く弱小な魔界法師ということで、魔界法師の兄オキナのあとについて戦っていたが、オキナは竜騎士の存在を知ると、人々を救うためには竜の力が必要だと竜騎士の復活を目論見復活させてしまった。

そして、瞬殺されてしまったというのでカゴメは後悔し、せめて竜の復活だけは防ごうと卵を封印した籠の鍵となっているアリスを狙った。

カゴメだけでは倒せないと、烈花は竜騎士を倒すのを自分達も手伝うと言い、零もアリスに2度と手を出さないのならと条件をつけて参加。

烈花はアリスに襲われないようにとお守りを渡し、魔道具の準備のために出かける。

アリスは烈花と零が不在の間に出かけようとすると、バクラはいい顔はしなかったものの烈花のお守りがあるから大丈夫かと外出を許可。

カゴメは外で写真を撮っているアリスの後をつけ、モデルになってくれと言われ舞い上がって手を取り合うフリをしてお守りに細工をし、アリスに結界を張って戻ります。

バー・ルーボに戻ると烈花が竜騎士との決着に向けて準備を進めていて、カゴメは零に烈花の強さは術の強さだけではなく、人を守りたいという願いの強さだと聞かされ、アリスに与えたお守りもその思いがCOMられていると聞かされます。

カゴメは自分がアリスに細工をして竜騎士をおびき寄せる囮にしてしまったことを正直に白状し、零にはキレられますが、結界はしっかりと張っていたこともあり、烈花とバクラには決して悪い手だとは言い切れないと評価はされ、アリスのもとへと向かい、アリスは竜騎士エデルに襲われそうになって。

ということで、カゴメが零達と合流することになり、零や烈花のように第一線で大活躍している魔戒騎士や魔界法師と違い、身分も低く弱小で田舎もの全開なカゴメという違いもはっきりと出ました。

空腹からの食べっぷりは見事すぎて、田舎者な設定だとは思いも寄らずに驚かされました。

今回は次回へのためのちょっとした説明回という感じでしたね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD- #6 籠目 感想

絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD- 私だ テレ東6話です あらすじ 零とアリスの前に現れ、突如として攻撃してくるカゴメ。 アリスを守る零と、アリスを狙うカゴメとの間に火花が散る。 だが、零の魔戒剣がカゴメを追い詰めたその時、 戦いを止めに入ったのは烈花だった。 烈花は...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム