今日のマジック NBAレギュラーシーズン56戦目

マジック80-112マーベリックス

今日のスターターも
PG CJワトソン
SG エヴァン・フォーニエ
SF マリオ・ヘゾニア
PF サージ・イバカ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

何の言い訳も利かないレベルの完敗ですね・・・

新加入選手が多く、HCも新しくなってチームとしてまとまる時間が一定以上必要であるという前提の下で、あとはもう少し噛み合えばであるとか、何かのきっかけがあればであるとか、勝ちさえ経験すればそこからとか、極力前向きな要素を無理矢理にでも挟み込んできましたが、今の時点で前向きに考える事ができるとするならば今オフのチーム作りは大失敗だったという分析をして、誰を残して中心に据えるか、もしくは中心に据えるほどの選手はいないと諦めて未来のための予算枠計算だけに特化するか、しっかりとした方向付けをした上での再建策に乗り出すしかならないでしょうね。

NBAではサラリーキャップという制限がある以上、いかに最適な組み合わせを探し当てるかというゲームをフロントはしないといけないものですし、ドラフト上位指名という一発逆転チャンスもあるわけで、スクラップアンドビルドをどのタイミングでやるかという見極めが重要になってくるわけですしね。

贔屓目が過ぎるとは思いますが、少なくともマジックのメンツは選手個人の単位としてみた場合決して劣っているとは思えないんですよね、少なくともマジックにいて決して大活躍していたわけでは無い選手が他のチームに行って一定以上の活躍をしているのもいる、今オフに出て行った選手で言うとスパーズで何気にスターターもこなしているドゥエイン・デドモンであるとか、イバカとのトレードで放出しサンダーからシクサーズにたらい回しされたアーサン・イリャソバとか(イリャソバはマジックにいたというほどいなかったですが)はマジックにいたとき以上に活躍していると言っても過言では無い。

トレードで箸にも棒にもかからない扱いをされることはないと思えるだけの選手はいると確信は持てるものの、じゃあきちんと有効なトレードができるかというとそれはまた別の話という不安もまたあったりはしますが、少なくとも上がり目は現時点では感じられない。

もしくは、選手は決してここまで負けるメンツでは無いという前提の下にフランク・ヴォーゲルHCにおっかぶせるという手もありますし、じゃあ誰が適任かというのを横に置けば実は一番傷を受けずにチームを再建する可能性がある現実的な策でもあるとは思うのですよね。

期待値が高いHCですが、今年の選手起用に何度も疑問を投げかけてきましたし、アーロン・ゴードンの怪我でようやくスターターと陽の目を見るようになったマリオ・ヘゾニアもFG3/11、3Pが1/6と決して褒められるものではないものの、7点6リバウンド2アシスト2スティール1ブロックと出来る選手を今まで干しまくった意味が分からないというのも、声を大にして言いまくりたいくらいになっていますからね、ちょっとまだ試している段階だという擁護はできなくなっていると。

今日の相手のマブスも基本的に残念な結果になっているチームですが、ダーク・ノヴィツキーという柱がしっかりとプレイ出来ていればそれだけで何とかなったりしますし、怪我人という言い訳が利くくらい本当に怪我人が入れ替わり立ち替わり出ていて、でも、その中で出番を得た選手が成長も見せているので、まだ絶望しなくて済みそうなんですよね。

比較してマジックは怪我人もいたりしますが、まだやり繰りできる範囲でのものですし、おとといのシクサーズ戦に続いて、このマブス戦もプレイオフ圏外のチームに嫌な負け方をしたという事で、ダメだこりゃ次ぎ行ってみようとなる契機となる試合じゃなかったかと思わずにはいられないですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

AS前に絶望する状況はさすがに想定外

贔屓目ではなく、今のマブスとマジックの単純な戦力比較で、マジックが大きく劣っているなんて考えられないですよね。
チームに合う合わないの問題はあるとはいえ、マジック以上に低迷しているネッツを解雇されたヨギ・フェレールが30分以上もプレイしているチームなんですから。
シクサーズだって同じでしょう。勝利の経験が少ないという意味ではマジック以上の面子なんですから。
結局、問題は個々の選手の能力を全く生かせていないこと。改めてFG%見ると悲惨ですよね。
ヴチェヴィッチはマジック移籍後初めての40%台、グリーンはキャリア初の30%台。
平均得点が増えて一見成長しているように見えるフォーニエやゴードンもFG%が昨年から急激に悪化していることを考えると、選手能力以外に問題があるとしか思えないですね。
(HCの采配が主因なのか、GMの選手集めの拙さが主因なのかは解りませんが、どっちの首も飛ばないというのは納得いかないレベルになってきたような・・・)

しかし、勝敗が決まってからの4Qしか出場していないダミアン・ルーデス以外の全員がマイナス2桁って、ここまで駄目なスタッツは始めて見たレベル。
正直現役選手で一番好きなのがノヴィツキー(今のマブス自体は割とどうでもいい)で、マブスの公式サイト内にある「Dirk's cowntdown」というコーナー(通算3万点までの残り数字表示するコーナー)を毎試合終わりに見ている人間からすると、相手があまりに弱すぎるのは迷惑なんですけど。
(早々に勝敗決まっちゃうとノヴィツキー試合後半お休みになっちゃって得点伸びないから・・・)

Re: AS前に絶望する状況はさすがに想定外

本当にここまで絶望的になるなんて予想していなかった(ため息)
シーズン序盤の方がまだプレイオフ圏外のチーム相手にだけならば勝てる、あとは上のチームにどこまで勝てるかという状況だったのが、ここに来てそれすらできなくなって、チームが時を経て噛み合う方に向かうのではなく、むしろ噛み合わなくなっているというね。
FG%が低いのもシーズン当初から気になりまくっていましたが、それも新加入選手、新HCによるシステムの変更に慣れるまでの準備期間として大目に見ないといけないものだと思っていたのに、微調整ですむのかと思いきや調整できずに悪化していますからね。
露骨に何が失敗だったのか分かりにくい、チーム作りそのものが失敗だったという結論になるんでしょうが、チームケミストリーとはよく言ったもので、化学反応が起きて通常の足し算以上の結果を求めるところが、とりたてて何も反応しなかったという事ですかねぇ・・・混ぜるな危険という事ではないんでしょうが、混ぜても何も起らなかったというか、水と油のように一生懸命混ぜたけれども時間が経つと結局は分離してしまったという感じですかね・・・

ノヴィツキーに関しては、試合後半お休みにする事によって、今シーズンちょいちょい怪我の影響もあるので、体に無理をさせなかったとポジティブに考えられるでしょう。
点が取り放題の相手だったと惜しむ気持ちにもなるでしょうが(笑)

おまけ

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム