昨日の絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD- 第7話

『双剣』

零、烈花、カゴメはエデルに攫われたアリスを助けるために現場へ向かうとワラワラと義竜の群れがお出迎え。

烈花はカゴメの作った結界が解ける前にと零を急がせ義竜は烈花とカゴメで相手をすることに。

廃墟で目を覚ましたアリスはエデルに竜の卵を籠から出すように言われるものの、大きな木の下にあった卵を最初に見つけたのは自分だと言って渡そうとはせず。

エデルはそれを聞くと卵を守ってくれていたと涙を見せたりし、とにかく我が子を孵したいという思いもあり、アリスに卵に触れたのだから竜を見たいはずだと力尽くだけではなく何とかしようとするもアリスは頑なにエデルには卵を渡そうとはせず。

籠から卵を出したアリスから卵を奪おうとしたところ、零が間一髪間に合い、零とはもう一度戦ってみたかったというエデルと一騎打ち開始。

烈花とカゴメは義竜の群と戦ってると、義竜は合体し巨大化。

烈花は群になっているよりもかえって助かると奮闘するも苦戦。

烈花への攻撃をカゴメの結界が守りピンチを脱すると、力を合わせ巨大義竜を撃破。

烈花はカゴメの結界の力を褒め、もっと強くなると言うとカゴメは弟子入りを希望するが烈花は弟子は取らないと却下。

その代わりに良い盟友を持ったと、これから2人で良い魔界法師コンビになる事を予感させる。

エデルと互角の戦いをしている零のもとに烈花とカゴメも合流し、一気に形勢有利となり零はエデルに勝ちを諦めるように言うと、エデルが倒したいのはあくまでこの世界だと抗い3対1の激闘。

エデルが鎧竜へとなり、零も鎧を召喚2人とも魔導馬も召喚して一騎打ちへ。

鎧召喚時間ギリギリまでの激闘も決着がつかず、エデルは零を攻撃し卵を持つアリスを追いかけ追い詰める。

烈花とカゴメで何とかアリスを守ろうとし、カゴメはさらにエデルの懐に入り玉砕覚悟の渾身の一撃を放つと、エデルの体を貫くも見事に玉砕し命を落とす。

ということで、今回最終回でしたっけ?というテンションでした。

エデルとカゴメと思いの外あっさりと倒れ(エデルの場合はまだ生き残っている可能性も捨てられませんが)次回からどうなるの?

烈花に認められてカゴメも今後牙狼シリーズでレギュラー化するのだと思ったんですけれどもねぇ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD- #7 双剣 感想

絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD- 私だ テレ東7話です あらすじ エデルにさらわれたアリスは、薄暗い廃墟で目を覚ます。 竜の卵に執着するエデルに、卵を最初に見つけたのは自分だと主張するアリス。 アリスの話を聞くうちに、エデルはこれまでとは違う顔色を見せる。 同じ頃...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム