今日のマジック NBAレギュラーシーズン63戦目

マジック114-115ウィザーズ

今日のスターターは
PG エルフリッド・ペイトン
SG エヴァン・フォーニエ
SF テレンス・ロス
PF アーロン・ゴードン
C  ビスマック・ビヨンボ

今日はニコラ・ヴチェヴィッチがアキレス腱を痛めて欠場と言うことで、ビヨンボがスターター。

ゲームの大半をリードして、最大で17点リードまでしておきながら最後の最後でひっくり返されておしまいというのが、惜敗量産チームのマジックらしい結末といえばらしい結果になっていますが・・・

なんでしょうね、この慣れた感じというか、もういいよ今シーズンはと開き直っちゃう感というか、むしろ次のドラフトの有力選手ってどうなの?なんだか上位指名予想にはPGが多いみたいだけれどとか、変に切り替わってしまっているというか、良くも悪くもNBAはダメならとことんダメになってドラフト順位を有利にしてしまえという制度ですからね、これが降格制度のあるものだったらと思うとゾッとしますよ(苦笑)

勝負弱ささえ横に置けば、先発全員2桁得点、これにようやくクロアチア代表と同じく6thマン的につかわれるようになったマリオ・ヘゾニアとジェフ・グリーンと合わせて7人が2桁得点であり、バランス良く得点源を分散させるという、全員バスケットというチームが目指している理想論に近いものが出せていて、本当にあとは勝ちさえすれば文句のつけようのない試合だったんですけれどもね。

ここ何年も繰り返し続けているあと足りないのは勝ち方を知るだけなんですよね・・・

勝ち方を上手く伝えるのが上手いんだろうなぁというのが相手のウィザーズのスコット・ブルックスHCで、ロブ・ヘニガンGMが伝手もあるんだろうから、去年野に下った瞬間に引っ張ってこい!と思わずにはいられなかったのですが、改めて前半の不調が嘘のように爆走しているウィザーズを見ると引っ張ってこれていたらって・・・

ウィザーズはシーズン途中のトレードでボヤン・ボグダノビッチを引っ張ってきましたが、今日も3Pを8/10と決めまくって27点、ネッツと比べてマークされにくい状況になってクロアチア代表のエースらしさがようやく発揮できている感じですね。

ジョン・ウォールとブラッドリー・ビールの不仲説なんていうのも一時流れましたが、そういった話も久しく表に出てきていないようですし、今はチームに勢いが付いて些細なことが気にならなくなっているんでしょうねぇ。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム