今日の読書 風の如く水の如く/安部龍太郎


戦国時代を舞台にした歴史小説の題材として人気のある題材の1つである関ヶ原の合戦を取り上げた歴史小説になりますが、ストレートに関ヶ原の合戦を描くのではなく、合戦後の論功行賞のため本多正純が徳川家康に命じられ、黒田如水の謀反疑惑を調べるというものになります。

黒田長政や後藤又兵衛、竹中重門などと面会し調査する本多正純と自らに降りかかった疑惑を晴らそうとする面々だが、疑われてしかるべき証拠も完全とはいかなくても残っていたりと、合戦は実際に体を張ったものばかりではなく、面と向かった話し合いという場でも起きているという体裁ですね。

基本、関ヶ原の合戦は徳川家康の東軍と石田三成の西軍との戦いというのが通常の解釈ですが、実は石田三成を駒として黒田如水が暗躍して漁夫の利を狙う陰謀があったという解釈の元、話は進んで言います。

それぞれの思惑が思惑通りに進んだものと、進まなかったものの差はどこにあったのかというまでが物語ですが、ちょっとした歴史ミステリーを読んでいる気分にさせられて楽しめる物語となっています。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム