今日のNBAマガジン 3月号

今月もNBAマガジンが放送ということで、今回はレギュラーの2人にゲストにアルバルク東京の「KJ」こと松井啓十郎選手

キャブスはデロン・ウイリアムズ補強、ケビン・ラブ復帰と優勝に向けて全てのピースが揃うという上昇を感じさせるもの。

ウォーリアーズはケビン・デュラントが靱帯損傷・頚骨挫傷で離脱した影響で3年ぶりの3連敗、穴を埋めるのに試行錯誤中。

Re:FOCUSのコーナーでは明暗分かれた2強としてキャブスとウォーリアーズの両チームを再点検。

デリック・ウイリアムズ、デロン・ウイリアムズ、ラリー・サンダーズの補強でPGとインサイドというチームの穴をふさいだキャブス、あとの課題は揃った駒をレブロン・ジェームズがまとめられるかだけ。

ウォーリアーズはデュラントというトップスコアラーを怪我で欠く事になり、ローテーションが回らない状況で平均得点も118.1から105.4と大幅に減少。

穴を埋めるのはオールラウンダーのドレイモンド・グリーンに期待。

このコーナー中、何故か水野裕子と塚本さんはKJに集中砲火するような感じに(苦笑)

続いて各カンファレンスの上位4位までをおさらい。

ロケッツはジェームズ・ハーデン4試合連続のトリプルダブルで勢いに乗っている。

ウィザーズはジョン・ウォールが2度の週間最優秀選手賞を受賞するなど勢いに乗っている。

ダークホースとして注目としてジャズ特集。

ジャズ特集という名のゴードン・ヘイワード特集でドラフト9位で入団してからプレイオフ進出無しという辛い日々を送りながらも着実に実力を積み重ねてきて、今シーズンは自己最高の平均得点、オールスターに初出場などこれから楽しみ。

ジャズは1試合平均失点NBA最小という堅守のチームであり、ボリス・ディアウ、ジョージ・ヒルといったスパーズ経験者だけではなく、スパーズでACをしていたホークスのマイク・ビューデンホルツァーHCの下でACを経験してきていて、スパーズの流れを引き継いでいる。

ルーズボールNBAのコーナーは

ウルブスの試合が結露で延期、リチャード・ハミルトンが永久欠番、ニックス演出一切無し試合は選手からは不評だったというのをさらりとふれて、からウエストブルックの細かすぎるこだわりとして、くつひものほどけた子供を見つけてから付近にいた子供達の靴紐をチェックしたというお話と、ダーク・ノヴィツキー史上6人目の通算3万得点、元祖外から打てる大型選手として歴史に残る選手ということで、KJは一緒に写真撮ったことがあると持ってきていました。

プレイオフ進出争いチームの特集では

ナゲッツはジャマール・マレー、エマニュエル・ムディエイ ニコラ・ヨキッチといった若手の躍進がチームをプレイオフ争いに引き上げてきているとして、特に未来のエースとマイケル・マローンHCが語るニコラ・ヨキッチ特集。

2試合連続のトリプルダブルを達成するなど視野が広くパスの上手いオールラウンダーとして注目。

ヒートはディオン・ウェイターズの勝負強い攻撃、怪我から復帰でチームの得点を大幅にあげたというのと、ハッサン・ホワイトサイドがリーグ1位のリバウンドと3位のブロックで守備の要として君臨し攻守が揃ってプレイオフが届くところまで順位を上げてきた。

優勝予想の確認はKJがシーズン開始直後から変わらずウォーリアーズ、水野裕子がクリッパーズからキャブスに 塚本さんがブルズからキャブスとMC陣2人は予想を変更、Re:FOCUSのコーナーで当たりが強かった理由のネタバレ。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム