fc2ブログ

昨日のBS キャバリアーズvsセルティックス

キャバリアーズ135-102セルティックス

NBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル東の5戦目。

キャブスが勝ち上がりまであと1勝となり、崖っぷちのセルティックスはただでさえ崖っぷちなのに、エースであるアイザイア・トーマスを怪我で欠く状況には変わらず。

立ち上がりからキャブスが攻守の切り替えの速さでターンオーバー誘発からの速攻を決め流れを掴み、ケビン・ラブの調子が良くセルティックスは出鼻をくじかれ、追い打ちをかけるようにレブロン・ジェームズのドライブを止める術がファウルしか無くなりやりたい放題となって43-27とキャブスが1Q終了というよりも前半終了レベルに得点を重ねて1Q終了。

2Qに入ってもレブロンがドライブを仕掛けてセルティックスがファウルを重ねるということになりフリースローが増え、いくらジェイ・クラウダーが体を張った奮闘ぶりが目立ってもセルティックスは攻守に打開策がな見当たらず。

キャブスがガンガンドライブを有効に使うのに、セルティックスはインサイドに切り込もうとするとターンオーバーというパターンに陥り、2Q中盤ですでにこれをひっくり返すのは無理がありすぎという空気に。

終盤になってセルティックスがターンオーバーからエイブリー・ブラッドリーの速攻が立て続けに決まり一縷の望みだけ残し75-57で前半終了。

後半開始からカイリー・アービングが突き放しモード全開で得点を重ね、レブロンはプレイオフ通算得点でマイケル・ジョーダンの記録を抜き歴代1位に躍り出るなど、キャブスの祝福試合という形になり109-74と残り1Qやらなくても良さそうなスコアに。

大差がついて、それをひっくり返すのは今のセルティックスにはほぼ無理ということで、プレイタイムを貰っていないベンチプレイヤー同士の完全に思い出作りタイムとなってあっけなく試合終了。

これでキャブスが勝ち抜けして3年連続キャブスとウォーリアーズの組み合わせのファイナルが決定。

カンファレンス・ファイナルは共に優勝候補とみられているチームが余裕の勝ち上がり、しかもスパーズはクワイ・レナード、セルティックスはアイザイア・トーマスと対戦中にエースが怪我で離脱という残念なワンサイドゲームとなりました。

順当な組み合わせのファイナルとなったと同時に、この2チームが突出しすぎていてプレイオフそのものは面白みが少なかったなというのが本音ですね、ファイナルはワンサイドゲームを見続けなければいけないという事にはならないとは思いますし、それを期待しますが、正直どちらも肩入れできない状況であって、今ひとつ燃えないんですがね(苦笑)

キャブスはレブロンが35点8リバウンド8アシスト3スティール1ブロック、カイリー・アービングが24点2リバウンド7アシスト2スティール、ケビン・ラブが15点11リバウンド3アシスト4スティール1ブロックとビッグ3が万全。

それに加えてデロン・ウィリアムズが14点、カイル・コーバーが3Pを2本決めての7点、リチャード・ジェファーソンが9点3リバウンド1アシストとベテランのベンチ陣が元気に活躍したという事で、勢いが付いているなぁって。

セルティックスはエイブリー・ブラッドリーが23点と奮闘、アイザイア・トーマスを怪我で欠く事になりスターターになったマーカス・スマート、ベンチからプレイタイムが伸びたテリー・ロージアと若手PGが良い経験を積んだ事になりますが、今年ドラフト1位指名権をもっていて、その1位候補が本命視されているのがPGのマーケル・フルツ、その他の上位候補が軒並みガードだったりするので、どうするつもりなのかと余計な心配もしてみたり。

関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる