今日の読書 九月は謎×謎 修学旅行で暗号解読/霧舎巧

私立霧舎学園ミステリ白書シリーズの6作目、九月は修学旅行ということで舞台は京都と学園の二手に分かれて謎解きをする事になりますが、その謎は暗号解読になります。

暗号解読が幾重にも張られていて、暗号を解読する意味はどうなっているのかという事や探偵が複数いるからこその展開であるとかもありますし、暗号の中にいわゆる新本格ミステリネタが入っていたりと、とにかく詰め込めるだけ詰め込んだ感が今までのシリーズの中でも異色だと思っていたらば、後書きによるともともと用意していたネタが先に有名作で使われてしまい、開かずの扉研究会用に用意していたネタを使ったと書いてあって非常に納得してしまった次第ですね。

気楽に読める事はこのシリーズの狙いからはずれはしないですが、今までと比べて明らかにマニアックで初期の新本格ミステリが本格ミステリの古典作普及活動も兼ねていたところを踏襲して、新本格ミステリ普及活動も兼ねている感じになっていて、ある種の懐かしさも感じる次第でした。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム