今日の読書 城をひとつ/伊東潤

戦国時代、相模国を中心として関東に覇を唱えていた北条氏。

その北条五代を支えた影の軍師一族である大藤氏が幻の兵法書である『孟徳新書』に書かれている秘伝「入込」の術を用いて諜報活動を繰り広げる、戦国時代を舞台とした歴史小説にしてスパイゲーム小説の連作短編になります。

伊東潤は戦国時代を舞台とする歴史小説の中で、あまり陽の目を見ないできた北条氏をメインとする小説を多く発表していますが、新作になればなるほど北条氏もので名前を売ったけれどもそれ以外も書けるんだよとばかりに、扱う時代も扱う題材も幅広くなってきましたが、そんな中でも再び北条氏を軸とした物語に戻って来てくれて、個人的に嬉しくなりますね。

歴史の表舞台での活躍とは別物を題材にすることによって、自由度が高いですし、その自由度が高い中にも北条氏の善政について詰め込んでくるあたり、本当に北条五代イメージアップキャンペーン作家ですよね(笑)

戦国大名の中では、知名度のわりにエピソードがあまり知られていない北条氏ですから、こういうのは大いに喜ぶべきですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム