今日の契約

NBAはFA交渉が解禁されてから、着々と契約がまとまっているというか決まりすぎていて、絶対厳密に解禁期限を守ってはいないよねレベルですがそれはそれとして、一応本決まりではないものの、1度契約を決めてからやっぱりやめたというデアンドレ・ジョーダンみたいなことはそんなに起こらないだろうというのと、公式がtransactionのページをなくしてしまったので、どの時点で本決まりの公式発表扱いにしたらばいいのか分からなくなってしまったので、日本語訳されているものを優先してメモしていくわけですが、だんだんチェック漏れや重複がどうなっているのか分からなくなるのが難点ですねぇ、transactionのページ復活しないかと思いますが、あれはあれで、更新頻度やペースに問題大ありでしたが。


ラプターズがカイル・ラウリーと3年1億ドルで契約合意、サージ・イバカと3年6500万ドルで契約合意。

現体制で限界が見えていたラプターズですが、結局動く可能性が高いとみられていたラウリーが3年間残留、1億ドルというのもチームとして上積みを望むとなると限界を作ってしまっているかなぁと、逆にイバカは契約額から考えて上手くロールプレイヤー寄りにシフトしやすくなっていったんじゃないかなぁと、マジック移籍で変にチーム内序列があがってしまって限界を見せてしまったよりも選手としては良い感じにベテランへの道を作ったんじゃないかなと、問題はラプターズそのものにどこかしら限界を見せてしまっていることですね、上手くロールプレイヤーだけれどもクラッチプレイヤーみたいな選手を補強出来れば限界を突破出来るかもしれないですが、じゃあそれって誰がいるの?って問題が・・・


キャブスがカイル・コーバーと3年2200万ドルで契約合意

36歳で3年契約ですか・・・コーバーは目に見えて右肩下がりになってしまっていますからねぇ・・・シューターですから使い道は十分にありますが、キャブスはベンチプレイヤーに超ベテラン過多になっていて、チームとしては若手のロールプレイヤーも揃えておかないと体力勝負に持ち込まれた時にきついんじゃないかとなりますし、3年後には相当お高い選手扱いにされてしまうんじゃ無いかなぁと。


ロケッツがネネと3年1100万ドルで契約合意

4年契約でルールに抵触し無効にされて、3年契約では話がまとまらなかったということでしたが、結局3年契約がまとまったという事のようですね。


ナゲッツがポール・ミルサップと3年9000万ドルで契約合意

また東から西へオールスタープレイヤーが流れていきましたね。

まぁミルサップはホークスの前はジャズでしたから西に戻ったという事になりますが、ナゲッツはこれでずっと噂としてくすぶっているケネス・ファリードを動かすめどが付いたという事なんでしょうかね。

流石にトレイ・ライルズも引っ張ってきてミルサップも引っ張ってきてとパワーフォワードがだぶつきますからね、ケネス・ファリードはもっと普通にスターターをやって当たり前な活躍すると思っていたのに、どうもそうならずに伸び悩んでいるんですよねぇ・・・


ウルブスがタージ・ギブソンと2年2800万ドルで契約合意

サンダーはギブソンがいるから、トレードの駒にだぶついているインサイドのドマンタス・サボニスを使ったのだと思っていましたが、ギブソンが出て行ってしまって層が薄くなりましたねぇ。

ギブソンはブルズ時代のHCであるティボドーとまた一緒にやるということで、ブルズ色の強いウルブスになりますが、HCのやりたいことと選手のやれることのギャップがあったウルブスがギャップの修正に成功しつつありますが、同時にティボドーは選手に合せる柔軟性は持っていないという事の証明にもなりそう、まぁそれでも結果を出せば文句はないだろうということでしょうが、果たしてどうなるか。


ラングストン・ギャラウェイがピストンズと3年2300万ドルで契約合意

昨シーズン中にデマーカス・カズンズのトレードでペリカンズからキングスに動いたギャラウェイが今度はピストンズに移籍ということで、3Pがいけるというだけでスタン・ヴァンガンディには重宝されそうですが、そもそもピストンズもPGのレジー・ジャクソンを動かしたいというように噂が出ていて、PGの役割分担がどうなるのかもよく分からないんですよね。


バックスはトニー・スネルと4年4600万ドルで契約合意

昨シーズン開始直前にバックスに移籍したスネルはそのまま残留ということで、なんとなく伸び悩み感や頭打ち感もあるものの、ウイングのロールプレイヤーとしては若手ですし妥当という感じですかね。


ブルズがクリスティアーノ・フェリシオと4年3200万ドルで契約合意

ドラフト外から長期契約にまでこぎつけたということで、よかったねって。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

クリッパーズのガリナリというのがイメージに合わない…

ヨキッチとミルサップって、昔のヴラデ・ディバッツ&クリス・ウェバーに匹敵するパス能力のあるインサイドコンビで、これの周りでガリナリやハリスが動き回れれば楽しみだなと思ってたんですが、
サイン&トレードに変わって、ガリナリ出てっちゃうみたいでがっかり。
そうなると、ガリナリの代わりを探す段階で、やや高すぎるミルサップの契約が足枷になりそう。

クリッパーズはレディックもポールもジャマクロも出て行くということになり、原型を留めなくなりましたね。
似たような状況だったのに、ロウリーを残留させたラプターズと好対照。

あと、コーバーって右肩下がりですかね???
一昨季やや衰えたかなと思いましたが、昨季、特にCLE移籍後の成績は明らかに盛り返してきているようにしか見えないんですが…。
36歳と3年契約はギャンブルという意見には完全に同意しますが、右肩下がりとは全く思えません。

Re: クリッパーズのガリナリというのがイメージに合わない…

クリッパーズのガリナリは本決まりですかね。
ナゲッツはガリナリよりもファリードが動きを見せる方が先だと思いましたが、ガリナリ、ミルサップ、ヨキッチというフロントコートは見たかったんですが、なかなか上手くはいかないですね。

クリッパーズは去年はSFががっつり穴になっていたので、そこにガリナリが入ってくるのは分かるのですが、ガードに原型が無くなっているので、果たしてどうなのかと。

コーバーは個人的に期待値が高すぎるからですかね、未だに3P連続試合成功のイメージが強いからスターターをやって当たり前という立場では無くなっているだけで衰えたかなって必要以上に思ってしまうのかも、クリッパーズに入ってから成績は盛り返してきてはいますが、プレイタイムがかつてほどでは無くなっているならば、出ている間にコーバーの3Pしか印象に残らないくらいの時間帯ができるくらいのものを期待してしまうというか、改めて必要以上に期待値が高いだけかもしれない。

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム