今日の読書 横濱エトランゼ/大崎梢

横濱の関内というピンポイントなタウン誌『ハマペコ』の女子高生アルバイトが、横浜の歴史や、暮らしている人々の想いなどを中心とした日常の謎に迫るといった連作短編になります。

関東大震災で消失してしまった建物など古くからの横浜に関するネタが多めというのもあり、全体的に狙ってレトロ感満載になっています。

タイトルが『横濱エトランゼ』ですが、それぞれの短編のタイトルが『元町ロンリネス』『山手ラビリンス』『根岸メモリーズ』『関内キング』『馬車道セレナーデ』と80年代くらいのポップソングにありそうですよね。

日常の謎系のミステリという風に私は読みましたが、謎という要素を重視しないで日常の小説としても読めますし、恋愛小説として読んでも何も問題はないでしょうね、良い意味で間口の広い作品、横浜に詳しい人はもっとピンポイントに楽しめるかもしれないですね。

どうでもいいですが、関内はキングと続くよりもデビルの方が落ち着きがいいというか、耳にしまくっているというか。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム