FC2ブログ

今日の仮面ライダービルド 第6話

「怒りのムーンサルト」

1度スマッシュの成分を抜き取ったあとに、龍我が戦兎からボトルを奪い成分を立弥に戻しスマッシュにすると、龍我の狙い通りアジトへと向かった。

後を付いていった龍我はアジトがスカイウォールにあると突き止めたものの、ガーディアンに見つかってしまい囲まれてしまいます。

龍我はボトルを手にして抵抗するものの多勢に無勢で大ピンチ。

そこにニンニンコミック状態の戦兎がバイクに乗ってやって来て風遁の術を使ってガーディアンを吹き飛ばし、龍我をバイクに乗せると、隠れ身の術で目くらましをして逃走。

帰ってくるなり戦兎はスマッシュの成分を立弥に戻した龍我に食ってかかります。

龍我はとにかく自分の冤罪を晴らすことしか考えておらず、そのために誰かを犠牲にしていいのかと戦兎は腹を立てます。

立ち位置の根本的な違いはとりあえず棚上げにして、戦兎は龍我にアジトを突き止めてどうするつもりなのか聞くと、龍我はローグを捕まえて冤罪を晴らすに決まっていると答えます。

戦兎は龍我の力でそれが出来るのかと鼻で笑いますが、龍我はだったら試すかとボトルを使って戦兎に殴りかかります。

ドラゴンボトルが他のボトルと違い龍我とシンクロして妙な化学反応を起こしていると戦兎は認めると、自分もボトルを握って反撃しボトルの使い方については自分方が上であるとみせつけます。

倒された龍我は墜ちていたベルトとラビットとタンクのフルボトルを拾い変身しようとしますが、変身出来ずに倒れる始末。

倒れている龍我相手に死んだだの心配しているふりしてぬいぐるみでがしがし殴り続ける美空が鬼畜(笑)

戦兎はボトルのせいであり得ない速度で成長している流牙を見て危険分子になりかねないと考えます。

ローグはスタークにスマッシュを使ってビルドのハザードレベルを上げただけという狙いを問いますが、スタークは強さに飢えているだけと答えになっているようでなっていないものを返します。

目を覚ました龍我にマスターは変身しようとしたのは危ないからやめろと軽いノリで忠告しますが、龍我はスルーして戦兎が今どうしているか聞きます。

マスターは戦兎が研究所でスカイウォールについて調べてファウストのアジトを探しだし立弥を助けると言っていた事を教えます。

戦兎が困っている人を見れば誰でも手をさしのべるというのを、龍我は神様仏様戦兎様かと揶揄しますが、マスターはそんな大層なものではなく、記憶を失って自分が何者かも分からないのが不安でしょうがないから、自分がこうありたいという人間を演じている、ただそこで芽生えた感情は本物で喜びや慈しみを知る一方で孤独を抱えていると龍我を諭します。

戦兎が研究所でスカイウォールについて調べていると、氷室が声をかけてきて、地下から溢れている地球上にはい成分のガス、ネビュラガスが壁から出ていることを教え、葛城が誰よりも先にネビュラガスの重要性に気付いたと葛城の研究データを見せようとします。

内海は戦兎に見せるのを躊躇いますが、氷室が許可したという事で葛城の研究データを見せます。

カフェでは美空が紗羽相手に戦兎と龍我がけんかをした事を愚痴っていました。

紗羽はすぐに仲直りするだろうと気楽に相手をしますが、美空は今回は修復不可能だと思うと深刻なまま。

紗羽は美空に彼氏はいないのかと話をいきなり変えると、美空は動揺しまくりでタバスコ振りかけまくり、紗羽は戦兎か龍我に興味は無いのかとかまをかけると、そんなわけないと動揺しまくり。

そこに戦兎が帰ってきて、いきなり美空に向かってすきだと言いだし美空はさらにわけが分からない状態へ。

戦兎はスカイウォールに入る隙を見つけたと大はしゃぎ。

地下室に行き、戦兎はアジトに行くヒントを掴んだと龍我に報せると龍我もあっさりと話に乗ってきて、美空の心配が杞憂に終わったことが分かり、紗羽は美空にそれ見た事かとドヤ顔。

戦兎は人体に注入するとスマッシュになるネビュラガスが壁から出ている事を説明すると、龍我は自分もそのガスが注入されていて、戦兎もそうなのかと尋ねます。

戦兎は少し動きを止めますがスルーして、ガスが噴出しているところにアジトがあり、警備が厳重な所から離れたところにガスが漏れている隙間を見つけたと教えます。

立ち入り禁止区域で危険だが、そこから侵入する事に決定。

戦兎と龍我は配管工事のふりをして立ち入り禁止区域側までやってくると、龍我は戦兎に立弥のことを詫びます。

戦兎は謝る相手が違うと笑い、龍我に見張り役のペットだとクローズドラゴンを渡しますが、龍我はクローズドラゴンに炎を吹かれてしまい、それに文句を言っていると子供に脱獄犯として見咎められます。

戦兎と龍我は急いで立ち入り禁止区域へと潜入ガーディアンから隠れてネビュラガスの吹き出している隙間へと立ち入ります。

ガスは吹き出ているものの行き止まりという事で、戦兎はゴリラモンドに変身し道を無理矢理作り出します。

地下道に入ると龍我は自分が脱出した時の場所だと気付き、実験場へと戦兎を先導します。

見張りのガーディアンを見つけると、まずは龍我が先行しわざと見つかり引きつけておいて、忍者タンクになった戦兎が仕留める連携を見せて実験場へ。

ガスマスクをした者達に人体実験されそうな男達の姿を見て戦兎は自分がここで人体実験されたことを思い出します。

龍我は鍋島に指示を出したのは誰かとガスマスク相手に突っかかっていきますが答えは得られず、ブラッドスタークがやって来ます。

貴重なサンプルを殺したくないというスタークに龍我は殴りかかりますが、あっさりかわされて毒を打ち込まれ倒れてしまいます。

戦兎は龍我に駆け寄り毒を打ち込まれたことに気付き、スタークはサンプルを失って残念だがサンプルはもう1人いると戦兎がネビュラガスが大量に注入されていることを告げます。

戦兎と龍我はガスを注入してもスマッシュにならなかったレアな存在だとスタークは告げます。

スマッシュと同じと知らされた戦兎はショックを受けて錯乱。

ラビットタンクに変身してスタークに向かって行きます。

我を忘れてめちゃくちゃにスタークに攻撃していると、クローズドラゴンが龍我に近寄り毒を吸いだし元に戻します。

ガスを注入し記憶を奪ったのは誰かと戦兎はスタークに馬乗りになって殴りながら問い詰めますが、記憶の確信に触れると見境をなくすのが欠点だと戦兎の情報を得たストークは満足げに笑って戦兎をゼロ距離で銃撃して吹っ飛ばします。

変身が解けた戦兎に向かってスタークはがっかりしたと言うと、天井を吹き飛ばしてから余裕を見せながら撤退。

戦兎は追いかけようとしますが、龍我が力尽くで引き止め、人質や立弥はどうするのかと戦兎を正気に戻そうとしますが、戦兎はチャンスは今しかないと我を忘れたまま。

龍我は自分の人助けとビルドとどっちが大事か聞いた時、迷わずビルドと答えた時にこいつには勝てないと嫉妬したと言い、今の戦兎は自分の記憶とビルドどっちが大事なのかと問いただします。

戦兎は落ち着きを取り戻しビルドの方が大事だと答え、ニンニンコミックに変身し龍我と共にガーディアンを蹴散らして人体実験されそうになっていた男達を連れて脱出しようとします。

そこに様子のおかしいスマッシュ姿の立弥が現れます。

戦兎は限界値を超えたガスを注入されていることを分析し、このままだとあと1分で爆発することを知ると龍我に男達を任せ、急いで立弥をスマッシュから元に戻そうとします。

風遁の術で立弥を倒そうとしていたところ、地下室の天井が崩落。

実験場から脱出した龍我達は実験場ば爆発するのを目にして間に合わなかったかと考えましたが、戦兎は立弥を担いでギリギリ脱出成功。

アジトは派手に大爆発、壁が爆発で壊れるのではないかというレベルでしたが壁そのものは壊れた様子無し。

氷室はストークに派手にやったと追究しますが、ストークはあの場所で出自をビルドの説明することは重要な意味があったと、戦兎にネビュラガスを教えるように指示したりと露骨に何かを狙っている感。

龍我が振り出しに戻り冤罪を晴らせるのかと落ち込むと、立弥は9月5日新薬のバイトに佐藤太郎を送っていった先は葛城の部屋だったと告白します。

葛城が殺されたのは無関係だと思っていたが、龍我が殺していないっていうから混乱してしまったとすると、龍我は送っていった時間を立弥から聞き出し、佐藤太郎を送っていった時間は9時頃、龍我が現場に行き捕まったのは10時頃と1時間の差が。

戦兎が葛城を殺したのかという疑念が浮かび上がり。

という事で、相変わらずペースが早いというか、謎が解けたかと思うと新たな謎が出てくる展開ですね。

戦兎と龍我はスマッシュになっておかしくないはずがレアケースでスマッシュにはならなかった存在という事がわかり、これは龍我がそのうち仮面ライダーに変身するという前振りととらえて良いのかどうかという感じでしょうかね。

人体実験されていた場所が明らかになりましたが、いきなり崩壊してしまいまい、ブラッドスタークは戦兎がもっと力を上げようとしていますが、最終的にそれはどんな狙いがあるのかは分からないまま、氷室にも最終的な狙いは告げていないっぽいですが、そういう胡散臭さが残っているのに、氷室は何故ストップをかけないのかも謎。

佐藤太郎はどうにも現在の戦兎と比べて知性は明らかに低そうというのは強調されていて、しかも天才科学者であり殺害された葛城の部屋を訪れていたというのも、なかなか思わせぶりというか次回ある程度明らかにされるのでしょうが、とにかく現段階で提示されている謎と解明された謎の配分は個人的にはストレスなく楽しめるバランスになっていますが、とにかくこのハイペースであと40話分くらいあるのに大丈夫?という心配をしてしまう感じですね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダービルド 第6話「怒りのムーンサルト」

仮面ライダービルドの第6話を見ました。 第6話 怒りのムーンサルト 戦兎を欺き、プレススマッシュを泳がせてファウストのアジトを突き止めようとする龍我はプレススマッシュを尾行しスカイウォールの近くに来るが、東都ガーディアンに発見されてしまう。 龍我の作戦は失敗し、戦兎に救出され難は逃れたものの、無事アジトに戻ると戦兎は龍我の勝手な行動を非難する。 「スマッシュの成分を抜...

仮面ライダービルド  第6話「怒りのムーンサルト」

 第6話「怒りのムーンサルト」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

仮面ライダービルド 第6話「怒りのムーンサルト」

第6話「怒りのムーンサルト」 イケメンぶってるあらすじ紹介。 大丈夫、イケメンですよw

キラキラ☆プリキュアアラモード35+仮面ライダービルド6+宇宙戦隊キュウレンジャー33

宇宙戦隊キュウレンジャー第33話「発進!バトルオリオンシップ!」内容オリオン号に救われたキュウレンジャーだったが、船を失ったのは痛手だった。そんなとき、エリス(彩川ひなの)が現れ、過去において、ショウ・ロンポー司令官から託された伝言を伝える。オライオン(...

怒りのムーンサルト

仮面ライダービルド 第6話「怒りのムーンサルト」仮面ライダービルド | 東映龍我の焦り、戦兎の怒り。

仮面ライダービルド 第6話 「怒りのムーンサルト」

こんばんは。 今日は、仮面ライダービルダーズの感想です。 今週は、タツヤを助けよ

仮面ライダービルド 第6話「怒りのムーンサルト」

仮面ライダービルド 第6話「怒りのムーンサルト」  再度プレススマッシュと化した岸田が向かったのは、スカイウォール付近。だが龍我はアジトを突き止める前にガーディアンたちに拘束され、ビルド・ニンニンコミックフォームにより事なきを得る。  カフェに戻った2人...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる