FC2ブログ

今日の読書 皇帝と拳銃と/倉知淳

最初に事件が起きるところから始まり、犯人が分かった状態から始まる刑事コロンボの系譜となる倒叙ミステリの短編集になります。

死神のような薄気味悪い容姿とそぐわない名前の乙姫刑事とイケメンながら平凡な名前の鈴木刑事のコンビが事件を追うというものですが、基本犯人視点がほとんどをしめ、主観が描写されることのない死神のような刑事が何を考えているのか分からず、追い詰められていく感じが楽しめます。

刑事は不気味ですが、話全体が怖いという感じではなく良い意味で気楽に楽しめるあたり、倉知淳らしいと思えますが、もっと多作になってもらえないものでしょうかねぇ。

関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる