FC2ブログ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン46戦目

マジック103-95セルティックス

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG エヴァン・フォーニエ
SF ジョナソン・シモンズ
PF アーロン・ゴードン
C  ビスマック・ビヨンボ

すっかり来シーズン以降について考えた方が正しいのかと思っていると、セルティックス相手に勝ってみたりするので分からないですよね。

前の試合のキャブス戦もチームが好転するきっかけになりそうな試合であったわけで、そこから勝ち試合になるような勢いが付くというのは想定出来る範囲なのですが、いかんせん勝ち慣れていないから勝てないという最悪のサイクルから逃れられないままなので、全く期待していませんでしたからね。

今日はペイトンが22点6リバウンド2アシスト1スティール、PGとしてはアシストが少ないことは気掛かりですが、スコアリーダーとしてチームを引っ張り、勝ちに繋げられないPGという絶対に払拭したいマイナス面もなんとかできましたし、フランスのおしゃれ上級者フォーニエも3Pを3/6と決めて19点3リバウンド3アシスト1スティール1ブロックとポジションエースな役割を全うしましたし、期待出来ないベンチスコアも、シェルビン・マックとDJオーガスティンが10点と2桁得点2人、マリオ・ヘゾニアも7点3リバウンドと数字は大したことないですが、今日のトップ5プレイの5位になるリバウンドダンクを決めたりクロアチア代表の6thマンを発揮出来ていますし、なんでこういう試合をもっと早くできなかったのかと言わずにはいられないくらいですね。

気掛かりなのは4Qでの勝負弱さは健在で13-24と危なっかしく思える所ですが、3Qで最大19点差をつけておけば、何とか逃げ切って勝つことも出来るという経験を自信に変えてくれればって。

とにかく、マジックの場合選手の能力というか、どこのポジションが穴とか考えれば考えるほど変に動くと裏目にでる危険性のあるチーム編成になっているので、出来れば博奕を撃たない方が良いんじゃないかと思ってしまうんですが、これは昨シーズンの博奕の外れっぷりというか、マジックを出て行った選手がいろいろなチームで結構な活躍をしているのを目にしてしまっているからこそ思ってしまうことなんでしょう。

セルティックスはカイリー・アービングが40点もとっているのに、マジックに負けたというのは相当な誤算でしょうね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる