FC2ブログ

今日の読書 QED~ortus~ 白山の頻闇/高田崇史

怨霊など日本の隠された歴史の謎と現実の事件とを絡めた歴史ミステリーのQEDシリーズの本編後と本編前の2つの短編になります。

『白山の頻闇』は、棚旗奈々が妹の嫁ぎ先金沢へタタルこと桑原崇と出かけることになり、白山神社と白山比咩神社を回っていたらば事件に巻き込まれるという、ある意味様式美な展開。

白山に関する謎が事件を通して明らかになるというものですが、そういった楽しみと同時に本編終盤に一気に時系列をすっ飛ばした先が明らかにされたりしましたが、その間を埋めるものとしての楽しみの方が大きかったりします。

『江戸の弥生闇』は奈々が大学1年の頃オカルト研に初めて顔を出した時の頃の話で、浅草や吉原に関する闇と幽霊騒動についてのもの。

いろいろな意味で闇な話で大学生には結構重たいよなって思えましたね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる