fc2ブログ

昨日の牙狼-VANISHING LINE-第18話

「ILLUSION」

ついにエルドラドへ到着。

しかし、ジーナはエルドラドを一目見たところで、武器の補充を兼ねて一旦導きの地へ戻る事に。

厳重に囲まれた街であるエルドラドは簡単には入れないようになっているが、ルークが雨を使って侵入。

寝床も確保し番犬所からの指令でもあるキングの調査に街へと繰り出すと、驚くほどのハイテク都市であり、それを可能にしている世界規模のネットワーク会社であるガルエデンの強い影響力が分かりやすく示されている。

至る所にホラーの気配もあり、ホラーに支配されている街であることもわかり、ソード、ルーク、ソフィは別行動で調べることに。

ソフィはネットを使って調査をしようとするも、通常の方法ではアクセス出来ず、独自のネットであるエルドネットを使うことに。

エルドネットは通常のネットよりも進んだ技術というか、VRの要素まで入り五感全てをかんじるというもの。

ソフィは失踪者捜査を開始するも、快楽漬けになって、楽しそうなことにしか反応しない人々だらけで、一旦行き詰まる。

そんな中、黄金の騎士を知っているかと話しかけられメールを渡される。

ソードとルークの調査からホラーが利用している場所も特定出来、ソフィの接触を求めている情報も罠かもしれないが現場へ出向くことに。

現地に行ってみると案内つきで黄金騎士を待っていた男に接触できた。

男はガルエデンの元社員であり、ホラーから逃げているとの事だった。

ガルエデンの社員として働いている間、プロテクトがかかっている情報が気になって情報にアクセスする事に成功したのだが、そこには食堂と呼ばれ人々がホラーに喰らわれる現場であるとか、ホラーを使ったガルエデンによる支配構造を示したものであった。

元社員は恐ろしくなり逃げようとすると、ソードと名乗るメッセンジャーから逃げるように指示されると共に真のエルドラドを完成させてはいけないというような情報を得ることになり、黄金騎士がやってくるのを待って身を潜めていた。

そんな中、ホラーの襲撃があり、ソードがホラーを受け持ち、ルーク、ソフィ、元社員の3人で逃亡。

ホラーに囲まれた状況で身を潜めている間、元社員はソフィのスマホに自分のノートパソコンに入っているデータを全て渡す。

データを受け取ったソフィは、そこからホラーの居場所を見つけ、ルークに居場所を教えホラー殲滅に一役買い、ソードもルークの戦闘を助けるように合流。

データの中にソフィは兄を見つけると、元社員はソフィの兄はプログラマーであり、妹を自慢していたと教えます。

ソード達は元社員をラッセルシティへ逃し、エルドラドをさらに調査する事に。

ということで、ついにエルドラドまでたどり着きました。

もの凄く発展し、文字通り理想郷のようなエルドラドでしたが、実態は人間を快楽漬けにしてホラーが支配する世界という、絵に描いたような状況でした。

ソフィの兄にも一歩近づいた感じですが、兄がキングという伏線を引きまくっている感じがしますが、本当にそうであっても、ミスリードであってもどっちでも話は作れそうですよね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牙狼<GARO> -VANISHING LINE- テレ東(2/17)#18

第18話 Illusion遂にエルドラドが眼前に見える。ジーナは武器を再調達するために導きの地に戻る。3人でエルドラドに侵入する。 一見はキレイな街に見える。先ずは市内観光しよう、仮想技術などは全てGAREDEN社が提供している。陽気なソードに不思議なソフィ、ザルバは大事なパートナーなのに。逆にソフィが落ち込んでいたが、ルークは目的を果たすことが大事。食事を食べながらも多数のホラー...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる