FC2ブログ

今日の読書 足利将軍と室町幕府 時代が求めたリーダー像/石原比伊呂

足利将軍家、室町幕府は南北朝時代という色々ややこしい、歴史上何を目指してやっていたかなど分かりにくいというだけではなく、戦時中までの皇国史観の影響で正面切って興味を持つこと持たせることに対するバイアスがかかりすぎるという意味でもややこしいし面倒臭い時代だったりします。

そのせいもあってか、私は日本史のほとんどをエンターテインメント方面から仕入れて、そこからある程度学術的な方向に逆流するという方法論の中には室町時代に対して興味の引っかかりがない、そもそも一般向けの文献が掃いて捨てるほどある戦国時代などと違って極めて少なく手に取りようがなかったわけです。

それが、皇国史観全肯定の時代から全否定の時代という呪縛が解けてきた近年、室町時代に対する一般向けの文献が増えてきて、実際プチブームも来ているということらしいです。

足利将軍家、室町幕府というのは鎌倉幕府と江戸幕府に挟まれ幕府としては、いまひとつ冴えない幕府扱いになっています。

幕府成立過程で、ある程度はっきり勝者が作り上げた印象を上げている幕府と比べ、なんとなくなし崩し的に、南朝と北朝と皇室が割れる形で成立したという出発点を考えてもグダグダ感を払拭できません。

そういうイケてない、明確に実力者が勝者として君臨している感がない室町幕府だからこそ、今の時代ではかえって感情移入しやすく参考にもしやすいのではないかというのは筆者の考えのようですし、実際問題現在の日本をみても手段と目的が入れ替わったり、何を目的とするのか分からない離合集散にばかり力を入れている政治集団がいてみたり、グダグダこそが日本の伝統ではないかというのも、あながち的外れではないように思えたりするのが、果たして良い事なのかどうかは分かりません。

イケていない扱いをされる室町幕府ですが、三代将軍義満は天皇になりかわろうとするほど野心を持ち合わせ、それが出来るだけの怪物であったというような扱いをされたりし、過小評価なのか過大評価なのか矛盾が見えてしまうというのが世にはびこっているが、どうも近年での研究では天皇家のっとりというのは違うようだと結論が出てきていて、将軍家と天皇家という2つの存在で対比する事が勘違いの元になっていて、天皇家は南朝と北朝が出来ただけではなく、北朝は北朝で一枚岩ではなく派閥が出来上がっていて、将軍家というか将軍も天皇家全体と関係が出来上がっているというよりも、それぞれの派閥との関係性によって上手くいっていたりそうで無かったりがあるという理解をしないと間違えるという扱いになっています。

足利将軍家というのは、決して軍事的に力があったわけでもなく、基本天皇家の補弼関係を作りダ気権威付けを上手くやりくりし、成熟した儀礼社会という室町時代を作り上げ、非実力主義型リーダー像が、良い意味でなあなあの関係でまとめ上げたと考えるとちょうどいいようなものだという事ですね。

なあなあでグダグダだけれども、ストイックではない人間には意外と住み心地が良さそうという幻想をもってしまうのが室町時代なのかもしれないですね。

序章 日本史上最高の権力者と出来損ないの将軍
第一部 南北朝期の足利将軍家と北朝天皇家
 第一章 足利尊氏・直義と北朝天皇家
 第二章 足利義満と北朝天皇家
第二部 足利義持と北朝天皇家
 第一章 後円融天皇を無力化した義満
 第二章 義持と「准摂関家」
 第三章 北朝天皇家と「王家」の執事
第三部 足利義教と北朝天皇家
 第一章 義教と後小松上皇
 第二章 義教と伏見宮家
第四部 室町期公武関係の成立要因
 第一章 南北朝内乱と足利将軍家
 第二章 義詮が築いた公武関係の基調
終章 足利将軍家とは何だったのか

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる