fc2ブログ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン62戦目

ピストンズ106-115マジック

今日のスターターも
PG DJオーガスティン
SG エヴァン・フォーニエ
SF ジョナソン・シモンズ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

前半リードして折り返して、後半に入ってからひっくり返されるという、マジックによくある負けパターンを踏襲しそうな試合でしたが、クラッチタイムに入ってから再逆転するというマジックらしからぬ形。

残り47秒で逆転となる3Pをフォーニエが決めるあたりは、ポジションエースをやらせてきた甲斐があったわけですが、そのまま逃げ切れず延長にもつれ込むあたりはまだまだマジックらしいなって。

延長までもつれ込んだら、そのまま負けそうなものですが、フォーニエがクラッチタイムで活躍できた勢いを持ち込めて、思いの外点差をつけての勝利。

フォーニエは17点4リバウンド5アシストと得点ではチーム4位ですが、とにかくクラッチタイムで得点がとれなくなるマジックにとってはありがたい活躍。

アーロン・ゴードンは27点13リバウンド2アシスト2スティール1ブロックと、個人的にゴードンが目標にしやすい存在だと思っているブレイク・グリフィンとのマッチアップで上手く存在感を示せたのではないかと嬉しくなる活躍。

ヴチェヴィッチが22点12リバウンド6アシスト1ブロック、DJオーガスティンが20点5リバウンド9アシストと勝っている試合だからというのがあるのでしょうが、活躍が目立ちますね。

そして、怪我で先にGリーグで調整してから復帰という形になったルーキーのジョナサン・アイザック。

15分のプレイで3点2リバウンド2スティール1ブロックと突出した事はしていませんが、ある意味マジックがスタートダッシュだけの出オチなシーズンをおくる結果になったのは、アイザックが欠場した穴が、予想をはるかに超えるだけの影響力があったからではないかと思わずにはいられなかったりしますね、復帰戦でいきなり勝利ですから。

ピストンズはブレイク・グリフィン移籍直後は、グリフィン効果とでも言いたいくらい上向きな様相がありましたが、もの凄くあっさりバブル崩壊してしまったなぁって。

原因が何にあるのか分かりませんが、少なくともスタン・ヴァンガンディは微調整が上手いHCではないので、ある程度我慢しなければいけないかなぁって、上手く嵌まれば嵌まるんですけれども、いろいろと変化に弱いんで。

関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる