FC2ブログ

今日の読書 ヒトごろし/京極夏彦

土方歳三を主人公とした歴史小説という京極夏彦にとっては珍しいというか初の試みの作品になります。

京極夏彦は歴史上だけではなく、現存する実在の人物を小説の登場人物として扱うことは今までもありましたが、史実を踏まえがっつりと歴史小説として分類できるものとして書いてきたことはなかったわけですが、土方歳三という歴史小説の主人公としては既存作品が結構ある登場人物で歴史小説を書いてきたので、まずはそれだけで驚かされました。

新撰組にしろ土方歳三にしろ題材として取り上げやすいものですから、いろいろなイメージがついていると思いますが、この作品の土方歳三はタイトルそのものに徹頭徹尾ヒトごろしとして扱われています。

ヒトゴロシとしての信念というか、ヒトごろしが好きという自分は人外であるという事、本来は悪いことである事は分かっていながら、立場や役回りとして殺しても罪には問われない、むしろそれが仕事にもなるという事、幕末の動乱でヒトゴロシが横行しているという事は、おかしい状況であるなど、理解した上でいかに合法的にヒトゴロシをするのかという立場で動いた結果が新撰組として動く事になるという風に繋がっていくものになっています。

身も蓋もないほど共感覚の無さ、行動原理の一貫性や、逆に尊皇だの佐幕だのなんだかんだ大義名分を掲げたり、武士は死ぬために戦うだの理屈をこねているのは莫迦ばかりだと突き放したり、総てひっくるめていかにもな京極夏彦作品だなぁと思える物になっています。

何作か新撰組関係の小説を読んでいますが、概ね近藤勇、土方歳三、沖田総司といった天然理心流からの流れの一派は山南敬助や藤堂平助のような途中離脱組はいるにせよ(ここら辺はもともと北辰一刀流ですが)基本的には細かな衝突こそあれまとまりのある集団、少なくとも近藤、土方、沖田の3人だけは結束力が強い扱いになるのがほとんどですが、この作品では全くそういう形にはなっておらず、土方が徹底的に自覚している人外になっていて誰とも群れたくはないとなっているのが異色になりますかね。

新撰組を扱った作品としての、ある種の王道からは大きく外れますが、京極夏彦らしい幕末の時代の切り取り方、理屈の付け方をした作品としてはらしい作品ですし、物の見方として身も蓋もない扱いが多いですが、そういう解釈をするのも1つの見方かもしれないと思える楽しさもある作品になっています。

まぁ理屈っぽい作品ではありますけれどもね(笑)

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる