fc2ブログ

今日の仮面ライダービルド 第34話

「離れ離れのベストマッチ」

氷室首相は息子をかばいお亡くなりになり、そこへ戦兎達がやってきて愕然とします。

そして仮面ライダーエボルになったスタークは、パンドラボックスの真の力を使うと自己紹介。

戦兎、龍我、カシラは首相を殺されたという事で黙っておられず3人揃って変身し戦闘開始。

3人がかりでも、まだ仮面ライダーシステムになれずに2%しか使いこなせていないのに圧倒され、戦兎は殴られて変身解除と同時に首筋から顔にかけて青黒い血管が浮き出て苦しみだします。

龍我とカシラもあっけなく変身解除して倒れますが、戦兎だけが地球上には存在しない毒を体内に入れられてもってあと3日で事が分かります。

美空は必死にベルナージュの力を使って治癒しようとしますが、傷を癒やす力すら残っていないようで力が発動せず。

毒を消せるのは自分しかいないと、エボルトは撤退。

それから2日後、東都政府の黛首相代理は平和に対する話し合いを西都政府と根気強く続ける方針を打ち出しただけで、実質何も手を打てていないと同じ状態。

難波会長はスターク改めエボルトがとんでもない事をやってくれたと、事態をそれほど良い状況だとは思えず。

しかし、内海は東都を一気に落とせると肯定的にとらえていました。

パンドラボックスという世界を掌握する強大な力が手に入れば難波重工は脚光を浴びると難波会長も一応はご満悦。

東都大学病院に運ばれた戦兎は、毒の成分が分からないために、入院したものの根本的な治療はできずに苦しんだまま。

話の通りならあと1日ももたないという緊迫した状況の中、龍我はエボルトから連絡を受け、戦兎の命を救いたければ美空と2人でナシタに来るように言われます。

ナシタの地下室でエボルトはパンドラボックスを探していましたが、龍我は戦兎を早く治すようにつかみかかります。

パンドラボックスと東都にあるボトル全部を引き渡すことが、戦兎を治す条件。

龍我ははねつけますが、選択肢はないと迫られると、美空は父親の体を乗っ取って勝手なことをしているのが許せないと迫り、ベルナージュが表に出ますが、力がすぐに消えていき、魂は風前の灯火であることを見破られます。

龍我は仕方なく新しいパンドラボックスの保管場所へ連れていき、残りのボトルも持ってくるように手配したことを伝えます。

エボルトは龍我に向かい自分を殺そうとした人間を助けようとするなんて物好きだと言い、冤罪事件の真相を語り始めます。

戦兎が葛城巧であることは真実。

ブラッドスタークが佐藤太郎をやって2人の顔を入れかえたというのも真実。

葛城巧の記憶を消したのは、ファウストをやめようとしたからではなく、エボルトと龍我2人の正体に気付いたから。

エボルトと龍我は同じ生命体で一心同体。

元々龍我はエボルトの一部であり、2人の遺伝子が一緒になった状態こそが本当のエボルトである。

龍我は受け入れることは出来ないが、記憶が無いからそれは当然のこととして、葛城巧が正体に気付いた地球外生命体エボルトを倒そうと呼び出した事、仮面ライダービルドに変身しようとしたもののエボルトがベルトをすり替えていて変身出来ず返り討ちにし、その現場に佐藤太郎がやって来た時のことを話します。

龍我が動揺しているところに、救急車にのってカシラと紗羽、苦しんでいる戦兎がやって来ます。

カシラはボトルを手にし、龍我に信用するのか確認します。

龍我は他に方法は無いと仕方なくやることだとしながらも、エボルトには先に戦兎を治すように言います。

エボルトは戦兎の毒を抜きたければ自分を倒すしか無いと言い、ボトルと戦兎の命を賭けて署撫してやると言い出します。

龍我とカシラは変身し戦闘開始。

2人で連携し、スクラップフィニッシュ、ボルケニックアタックと2人揃ってキックで決めに行くも仕留めることは出来ず。

1人ずつ倒すと宣言したエボルトはスチームショットでカシラを仕留めて変身解除。

龍我は筋肉バカの本領を発揮し、ハザードレベルを上げ続けます。

エボルトは醜い欲望がこの戦争を開始させた、人間とは身勝手な生き物だというのに人間のタメに戦うのかと挑発。

龍我は俺が知っている奴らは、みんな誰かを守るために戦ってきた、誰かの幸せを願って立ち上がってきたと反論しながら攻撃続行。

ハザードレベルは勢いよく上昇。

人間のような口を利く龍我に対し、何千何万の命を奪ってきた俺の一部だとエボルトはさらに煽り、エボルティックフィニッシュで龍我を蹴り飛ばし変身解除させます。

龍我はボロボロになりながらも、戦兎を助けようと立ち上がろうとします。

カシラは強制変身解除からの再変身は危険だと龍我に言い、エボルトも戦兎の命と自分の命どちらをとるのかと煽ります。

龍我は他人の為に死ねるかよと戦兎に会う前の自分なら言っていたろうと言い、後は頼んだと戦兎に向かい言うと再び変身。

カシラは龍我に体が持たないと警告しますが、力が漲る、魂が燃える、俺のマグマがほとばしるとどつきあいをしていると、ついにハザードレベルが5.0となり誰にも止められなくなり、ボルケニックナックルとエボルティックフィニッシュの殴り合いへ。

2人の壮絶な相打ちで大爆発が起きると、そこには変身が解けた龍我の姿だけが。

しかし、エボルを倒したはずなのに戦兎の毒は残っていた。

それを見た龍我が手を振ると戦兎の毒が消えます。

なぜ龍我が毒を消せるのかといぶかしむと、エボルの声が敵に塩を贈るなんて優しいだろうと。

そして、エボルドライバーを取り出し、ドラゴンとライダーシステムのボトルを使ってエボルドラゴンに変身しフェーズ2完了と言います。

という事で、龍我がエボルト同じ存在であるという事がしっかりと説明されたということになりますね、一心同体になることで真のエボルという事で逆に何でそんな面倒臭い分離をしていたのかは分からなくなっていますが、それは明かされるのかどうか。

冤罪事件の真相もファウスト云々言っていた頃と比べて話が壮大になってきたなというものになりました。

龍我はハザードレベル5.0となり、エボルの目標の1つをクリアしたんだなと分からせたところで、相討ちによる大爆発となりましたが、龍我の体だけが残りエボルが体を乗っ取った格好になるわけですが、どうやってそうなったのかというのは次回ある程度説明されるんでしょうかね。

そして、マスターの体は一体どうなってしまったのか、終盤に向けて落としどころが全く読めない最終盤という感じになっていますが、まだ1クール以上残っていますよね?

あと、父親が死んだ氷室はどうなるのかというのも、ありますねぇ。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

離れ離れのベストマッチ

仮面ライダービルド 第34話「離れ離れのベストマッチ」仮面ライダービルド | 東映戦兎&龍我、最大の危機!

仮面ライダービルド 第34話「離れ離れのベストマッチ」

第34話「離れ離れのベストマッチ」 筋肉バカじゃなくなった龍我って最強じゃね?

HUGっと!プリキュア14+仮面ライダービルド34+怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー13

怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー第13話「最高で最低の休日」内容久々の休日に、つかさ(奥山かずさ)は、遊園地へ。目的は、“ぬいぐるみラリーチケット”のため。そこでつかさは、チケット売り場で初美花(工藤遥)と遭遇。趣味を知られたくないつかさ。初美花も。。。相手が相手だけに。。。しかしペアチケットしか残っていなかったため、2人でスタンプラリーに参加する事に。そしてついに最後のス...

仮面ライダービルド 第34話「離れ離れのベストマッチ」

仮面ライダービルドの第34話を見ました。 第34話 離れ離れのベストマッチ エボルトを前に戦兎と龍我、一海は戦いを挑むが、強大な力に為す術もない。 しかも倒された戦兎は地球上には存在しない毒を体内に入れられてしまう。 「毒の成分が分からないから治療ができないって…」 「エボルトの話が本当ならあと1日ももたねえぞ…」 治療法も見出せず、戦兎の命はもはや風前の灯火とな...

仮面ライダービルド  第34話「離れ離れのベストマッチ」

第34話「離れ離れのベストマッチ」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

仮面ライダービルド 第34話 「離れ離れのベストマッチ」

こんばんは。 今日は、仮面ライダービルドの感想ですっ! 今週は、スタークさんとリ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる