FC2ブログ

今日の読書 日本人なら知っておきたい英雄ヤマトタケル/産経新聞取材班

ヤマトタケルの生涯を古事記の記述をメインに軍記物や英雄譚として、当時の価値観と照らし合わせて描かれ方として何を強調したがっているのか、どういう所をもちあげたがっていているのか、本人は天皇になったわけではないが英雄として持ち上げている理由であるとかを、息子が天皇となり重要な存在となったからというだけではなく分析しているものになります。

基本英雄としてのヤマトタケルという面を強調するスタンスになっていますが、古事記の記述としてはそれまでの神々、素戔嗚尊のように最初はめちゃくちゃな事をやっているのに、その後成長を見せるという結末になっていくというのが神として定番であるのに対し、神では無くなり人間としての皇族であるヤマトタケルは最後まで成長というものはなく、基本的に若さ故の危うさのまま突っ切っていって、源義経と似た悲劇性の要素があり、そういった意味でも日本人好みの人間くささがあり、神から人間へという橋渡し役として実際に天皇家が日本を統治して行くという意味合いだけではなく、つなぎ役として重要な役回りをしている所に面白さもあるという感じでしょうか。

元々新聞連載をまとめなおしたもので、現地取材にも力点が置かれているので解釈論としては好意的に扱っているものを軸にしているものであり、専門的な知識がある人向けではなくぼんやりとしか知らないような人向けですので、私のように専門的な知識が無くても楽しめるものになっています。

第1章 父子の確執
第2章 熊曽国
第3章 出雲国
第4章 父と叔母
第5章 尾張国から相武国へ
第6章 吾嬬国
第7章 東征帰路
第8章 伊服岐能山(伊吹山)
第9章 思国歌
第10章 白鳥伝説
第11章 父の親征と慰霊
第12章 天皇への系譜 

関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる