FC2ブログ

今日の仮面ライダービルド 第45話

「希望のサイエンティスト」

エボルトを倒しロストボトルが3本出てきたと思ったらば、葛城忍がホークガトリングでやって来てボトルを回収して、計画通りと戦兎達を褒めます。

そしてエボルトは倒される直前に遺伝子をドライバーに潜り込ませたためまだ消滅していないが、ケースの中に入れておけば元の姿に戻らないとドライバーも回収し付いてくるように言います。

葛城忍は黒いパンドラパネルを見せると、これを完成させるのが目的だったと語り始めます。

ジーニアスによって人間の感情が芽生えたエボルトはロストスマッシュを生み出す条件を満たし、自らロストボトル精製させることにした。

ロストボトルを精製したあと、液状化して復活する予定だったが、葛城忍の裏切りによってエボルトは復活に失敗。

葛城忍は10年前のスカイウォールの惨劇から、エボルトに勝つためには物理法則を超える現象、新世界が必要だと考えた。

黒いパンドラパネルが完成すると、一瞬であらゆる惑星を行き来できるワープが可能になる。

エボルトは惑星を滅ぼすことで自らのエネルギーに変えてきた。

惑星間を行き来できるワープが完成されれば、エボルトはさらなる力を吸収する。

それが10年以上もエボルトと行動をともにしてまで人類を守る事に関係するものであると、葛城忍が説明する前に内海に憑依したエボルトがやって来ます。

エボルトは爆発する直前に遺伝子の一部を内海に避難させたが、完全体が馴染んできて遺伝子を操れるようになっていた結果出来たこと。

エボルトは葛城忍の魂胆を見抜いていたという事で、葛城忍に毒を打ち込みます。

戦兎は父親に駆け寄り、エボルトはバットエンジンに変身、万丈、カズミン、幻さんも変身し戦闘開始。

葛城忍は戦兎に頼みがあると伝えた後、最後まで息子に託して父親失格だ、巧また脊伸びたかと言葉を残して消滅。

戦兎は、伸びてないよと涙します。

その様子を見たカズミンをエボルトは攻撃し幻さんはカズミンが消滅しないように変身を解除。

エボルトは、人間に合せたドライバーじゃこの辺が限界かと、封じ込められていたドライバーを取り出し、エボルコブラになり内海は放り出します。

幻さんは形勢不利となりスチームガンでカズミン、戦兎と次々に撤退させ、パンドラパネルを奪われた万丈を連れて完全撤退。

ナシタではエボルトは御堂首相の姿となり、新国家として中央政府をパンドラタワーに移したというニュースが流れる中、カズミンはまだ目を覚まさず。

戦兎は徹夜続きでパソコンに向かい、黒いパネルの他にエボルトも知らない白いパネルがある、ハザードトリガーを使えと父に託された言葉が何なのか必死に検索。

しかし、パスワードが外れまくり、ただただ焦ります。

そんな中、葛城巧がそんなパネルは存在しないと頭の中で語りかけてきます。

ライダーシステムを作らせ、エボルトと一緒に多くの命を奪った父親を戦兎は美化していると否定。

戦兎はエボルトに味方をするふりをしていただけと反論しますが、葛城巧はハザードトリガーなんて暴走装置をつくっておいて信じられるかとさらに反論。

戦兎はハザードトリガーは白いパンドラパネルに繋がる別の力があるはずと、父親を信じようとします。

葛城巧はそれでも、父親にはもう騙されないと頑なな姿勢を見せます。

そこに、東都が大変な事になっていると美空がやって来ます。

大量のクローンスマッシュが東都で暴れまくり、戦兎、万丈、幻さんの3人で何とか止めようと戦闘開始。

そこにエボルトが登場。

戦兎は父親の仇をとろうと、ラビットラビットフォームからジーニアスフォームに変身しようとしますが、ジーニアスボトルが全く反応せず。

ジーニアスになれないという事で、余裕のエボルトは自分が完全体じゃない理由を問います。

ナシタではカズミンがいきなり目を覚まし、目が赤く光ると美空と紗羽を攻撃。

美空が持っていたロストボトルを奪うと、超高速で動いてエボルトのもとへ。

エボルトが完全体で無かったのは遺伝子の一部をカズミンに憑依させていたため、それを回収して完全体のブラックホールフォームへ。

そしてロストボトルをパネルに設置し完成させ、新世界の扉が開くとパネルを体に埋め込んでパワーアップ。

カズミンはここで目が覚め、何が起きているのか理解出来ず。

戦兎、万丈、幻さんの3人で戦闘開始するも、万丈、幻さんはあっさりと吹っ飛ばされ、カズミンも状況を理解し変身して戦闘参加。

カズミンもあっさり蹴飛ばされ、衝撃が後ろのビルも壊すレベル。

戦兎相手にエボルトは出血大サービスで他の惑星までワープし、あらゆる惑星を吸い込んで自分だけの新しい世界、新世界を作ると、ブラックホールブレイクで惑星を吸収。

エボルトは惑星を吸収して一段と強くなり、戦兎相手に一方的にボコボコにして変身強制解除。

戦兎にわざわざ父親に与えてもらった力だと宣言してから、次は地球を吸い込む宣言。

戦兎はそんな中、過去の記憶を思い出します。

父親は地球外生命体がいるとかいないとかを研究しているとい言い、地球を襲ってきたりしてという軽口に、もしそうなったら一緒に地球を守ってくれるかと頼まれていた。

その約束を思い出した戦兎は、正義のために作ったライダーシステムは憎しみなんかでは強くなれないというと、ジーニアスボトルはしっかりと反応しジーニアスフォームに変身。

ふらふらのまま万丈、カズミン、幻さんもやって来て、4人揃って四方からライダーキック。

エボルトの体内からパンドラパネルが飛び出し、戦兎はジーニアスフィニッシュ。

すると、パンドラパネルに刺さっていたロストボトルのうちジーニアスフィニッシュを受けた2本が色を変えます。

2本のうち1本はエボルトが回収、戦兎はボトルを回収し、ハザードトリガーがボトルを浄化したということで、暴走装置ではなかったと気付きます。

そして、父との思い出を思い出します。

西都の郷原、東都の伊能、北都の才賀の3名が新たな知事として発表。

内海はエボルトがこの国を支配する気が無かったと指摘すると、エボルトはキレて新たな知事の3人には話すなと口止め。

戦兎は謎が解け、エボルトを倒す答えに至ります。

ということで、エボルトを倒したと思ったものの倒せていませんでした。

そして、戦兎の父である葛城忍の真意もエボルトを倒すために行動を共にしていただけ、父親を信じたい気持ちと、疑っている気持ち、その両方の気持ちは戦兎と葛城巧とで綺麗に分割して持っている状況というのが、普通の葛藤とは違った表現となっていて、面白かったですね。

そして、今回のお話がそのまま映画に繋がるという事で、次回は映画後に繋がるという事になるのでしょうかね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダービルド 第45話「希望のサイエンティスト」

第45話「希望のサイエンティスト」 遺伝子、なんでもありだな・・・

仮面ライダービルド 第45話「希望のサイエンティスト」

仮面ライダービルドの第45話を見ました。 第45話 希望のサイエンティスト エボルトを倒した戦兎達の前で精製された3本のロストボトルを手にした忍は黒いパンドラパネルを完成させ物理法則を超える現象を作り出し世界を救済しようと考えていたという。 一方、エボルトは黒いパンドラパネルを完成させるため、あえて闘いに敗れ自らロストボトルを精製していた。 忍によって液状化した状態で...

仮面ライダービルド 第45話「希望のサイエンティスト」

第45話「希望のサイエンティスト」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

HUGっと!プリキュア25+仮面ライダービルド45+怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー24

怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー第24話「生きて帰る約束」内容ラッキーペンダントの噂を知った魁利(伊藤あさひ)たちは、“何か”があると感じ取る。そこで、売っているという店に出向いた魁利が、店のオーナーを問い詰めようとしたところ、圭一郎(結木滉星)らが現れる。直後、オーナーが、取り逃がした怪人ギーウィ・ニューズィーと判明。うまく去ろうとした魁利だったが、つかさ(奥山かずさ)に...

仮面ライダービルド 第45話 「希望のサイエンティスト」

こんばんは。 今日は、仮面ライダービルドの感想ですっ! 今週は、エボルが復活して

希望のサイエンティスト

仮面ライダービルド 第45話「希望のサイエンティスト」仮面ライダービルド | 東映ハザードトリガーの秘密。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる