FC2ブログ

今日のルパンレンジャーvsパトレンジャー #30

「ふたりは旅行中」

国際警察では圭一郎はスマートフォンの貸し出しにサインをし、つかさと咲也に後は任せるとやっている中にノエルがやって来ますが、圭一郎をはじめ、皆ぎこちなく圭一郎が少し遅い夏休みとして有休を取って旅行に行くということを説明。

圭一郎が温泉のまち草川駅につくと、魁利が偶然とやって来て、珍しくグイグイ一緒に行動をしようとします。

ノエルが圭一郎たちの不自然な態度が気になってジュレに話を持ち込み、ジュレでも毒で死にそうになりながら戦ったり、仕事のために女の子をふったりする圭一郎が急に旅行というのは怪しいとなり、魁利がノエルの代わりに探りに来ていた。

デストラ・マッジョがカンクスが動いているようだという情報をドグラニオ・ヤーブンに伝えると、ゴーシュ・ル・メドゥは激しく動揺。

ドグラニオはうってつけのコレクションを渡したがどうなるかと楽しげ。

圭一郎と魁利は食事をし、何故かお互いのおかずを狙ったり、射的で争ったり、饅頭食べたり何だかんだと旅行を満喫している様子。

魁利は温泉はどうするのかと話を振ったところ、圭一郎は迷子っぽい少女を見つけ声をかけるも、威圧感が強すぎて泣かれてしまいます。

魁利は圭一郎の顔をいじって少女を笑わせるのに成功し、交番に連れていき髪飾りを落としたことに気付き両親とはぐれてしまったと説明すると、後は交番に任せて圭一郎は落としたという髪飾りを探しに行きます。

魁利はおなじものをお土産やで見つけて買い交番に戻ろうとすると、圭一郎ががちに探し当てて両親と合流出来た少女に渡します。

それを見た魁利は思うところがある表情を浮かべます。

ジム・カーターは特に何をするでも無く現れては消えるというギャングラーの情報を与えると、ノエルは警戒のために圭一郎を呼び戻そうと言いますが、つかさも咲也もヒルトップ管理官も不自然に呼び戻さなくて良いと取り繕おうとします。

急におとなしくなった魁利に圭一郎はどうしたのか尋ねると、魁利は圭一郎は清く正しいとおもっただけだと茶化して答えますが、圭一郎は本当は何だと突っ込んできます。

魁利は昔兄が遊びに連れていってくれた時に、迷子の女の子を見つけてしまって、交番に送っていくのを見て、俺の兄さんなのにと思ってしまい、女の子を助けてあげようと言ってあげられなかった事を思い出したと素直に答えます。 

魁利は自分はどれだけ最低なんだろうと思ってしまったというと、圭一郎はさっきは助け船を出してくれたじゃないかとフォローします。

それを聞いて魁利は、我慢して待ってて食えたじゃないかと兄にフォローされたことを思い出します。

そこに、圭一郎は呼び出しが懸かり、親族に挨拶に行かなくてはならなくなったと誤魔化して別れます。

カンクス・プチルメルカプタンは何かしら仕掛けているところへ、つかさと咲也が到着。

何を企んでいるのか白状させよとしたところで、いきなり爆発が起きて、警察チェンジし実力を行使。

圭一郎は呼び出された現場に行き金を持って取引。

現物を見せるように言うと、VSビークル。

取引相手は金も命も頂くと、人数を集めて圭一郎に襲いかかりますが、生身の人間相手で圭一郎の相手になるはずも無く圧倒。

裏オークション関係者の情報から盗品のルパンコレクションを美術商に持ちかけて金だけ奪う強盗団の存在が明らかになり、ギャングラーであった場合を想定し圭一郎が美術商になりすまして取引現場にやってきたという事。

犯人を確保し消防車型のVSビークルも確保したと連絡を入れているところに、ずっと取引を見ていた魁利が出し抜くのなら負けないとVSビークルを奪いに行きます。

とっととアデューしようとする魁利を圭一郎は警察チェンジして取り返そうとしますが、魁利はどうも圭一郎相手に甘い戦いになってしまい、それを見抜かれます。

透真、初美花、ノエルはつかさと咲也の戦いぶりを見て、変なタイミングで爆発が起きているのを見て、接近戦で行くことにして快盗チェンジ。

透真はコレクションあっさり回収すると、その瞬間から異臭騒ぎ。

強烈な臭さに皆もだえ始めると、ノエルはコレクションが『バラ色の人生』という臭いを消すコレクションだということに気付きます。

あまりの臭さに、現場にいないデストラまで臭く感じてしまうくらいでゴーシュに手を貸すようにと促します。

ゴーシュは現場にちょろっとだけ行き、カンクスは倒していないのに巨大化。

カンクスは予定より早く始めるかと、人間界火の海作戦開始。

カンクスのガスは良く燃えるもので、臭いを消して可燃性のガスをまき散らしていた結果、大規模火災になったとつかさは気付きます。

ノエルは惨状を見て失われたスプラッシュがあればとつぶやき、いきなり現れたグッディが消防車型のVSビークルだと補足説明。

そのやりとりを聞いたつかさは圭一郎に連絡をして消防車型のVSビークルを持ってくるように言うと、圭一郎は悩んだあげく魁利と一時休戦し森原地区で大規模火災が発生したため消防車型のVSビークルが必要、俺のパトカーよりお前の飛行機の方が速いと現場へ向かうように命令。

魁利は何言っているんだという態度を見せた後、現場へ向かいます。

そしてルパンカイザーになり、少し考えた後ルパンカイザースプラッシュマジックへ。

一気に消火活動をすると、グッディはスプラッシュは昔アルセーヌが女にプレゼントしてしまって行方不明になっていたと教え、どこで手に言えたのか聞かれると、魁利は警察にもらったと答えます。

そして、グッドストライカー弾けちまいなスプラッシュで永遠にアデュー。

圭一郎はヒルトップ管理官にVSビークルを快盗に奪われてしまったと謝罪しますが、ヒルトップ管理官は被害を最小限に抑えられたとおとがめ無し。

ジム・カーターはよく快盗は願いを聞いてくれたと言うと、圭一郎はそこは信じられる気がしたと答えます。

初美花はシザー&ブレードといいアルセーヌは大事なコレクションを人にあげすぎじゃないかとつっこむと、ノエルは全てのコレクションが揃った時に使える力を悪用されないようにわざと手放したのかもしれないと推測。

魁利は圭一郎と兄が似ている事に複雑な思いを抱きます。

という事で、何だかんだとコンビになることが多い両レッドがメインの話ですが、今まで以上に踏み込んだ関係というか、一定の信頼感を感じ合うことになるという話でした。

映画でも共闘していますし、そこに関しては今更ではありますけれどもね。

気になったのはカンクスが巨大化したら、臭いがさらにきつくならなかったの?って。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第30話「ふたりは旅行中」

第30話「ふたりは旅行中」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第30話「ふたりは旅行中」

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーの第30話を見ました。 第30話 ふたりは旅行中 遅い夏休みをとった圭一郎は一人旅出かけるのだが、駅に着くと圭一郎が何かを隠していると睨んだノエルに偵察を頼まれた魁利に声をかけられる。 「じゃあ一緒に回ろうよ。偶然会ったら運命だって!」 「いや、しかし…」 「いいじゃん、仕事じゃないんでしょ?」 「え?あぁ、仕事で...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる