FC2ブログ

今日の読書 陰謀の日本中世史/呉座勇一

歴史上の出来事に限らず、リアルタイムの現代であっても陰謀論がもてはやされているというか、全て陰謀論で語ろうとしていないか?という強引で無理筋なものを目にする機会が多いですが、歴史上の陰謀論というのは基本的に歴史学会では扱われるものでは無く、陰謀論なんて持ち上げた日にはバカにされるという具合だそうで、それこそ本能寺の変の黒幕は誰だというような面白おかしく扱われ、あたかもそれが真相であるかのような陰謀論が、資料的裏付けも何もない状況証拠を切り取って、都合の良いように解釈し、推理小説の探偵の謎解きのように扱っているだけでしかないと、ある意味ばっさりと切り捨てる為に書かれた本となります。

陰謀論というのは基本的に、「因果関係の単純明快すぎる説明」「結果から逆行して原因を引き出す」といった分かりやすさがあり、その分かりやすさと、陰謀論を唱える人が、あたかも確定されている真実であるというように断定的に表すこと、また通説として扱われているものとは違うものを提示する事によって、自分だけが事実を知っているという優越感を刺激するようにしているものであり、それ故に人気になってしまっていて、検証しないで鵜呑みにされてしまったりという事になると。

まぁ、歴史を学ぶ上でどうしても、結果を知っているので結果から逆算して物事を考えてしまいますし、世の中因果関係がはっきりしているものを好むというか、因果関係が分からない偶然おきてしまったような、もしくは複雑に絡み合いすぎて原因を特定できない成功や失敗というものに対して、何かすっきりしない感覚を持ってしまうので、余計に分かりやすいものに食いついてしまう部分はあるのでしょうね。

という事で、日本の中世史で特に陰謀論めいたものがよく目に付く題材を選んで、その陰謀論として提示されているものの問題点を歴史学の手法を使ってツッコミまくるというのが本書で繰り広げられます。

歴史小説なんかですと、陰謀論って楽しみやすい題材なので、陰謀論なんか無いというのばかりだと、面白味がなくなるなぁってなりますが、それぞれの歴史上の人物の評価であるとか、それが定まった理由などを解説しているので、それを踏まえて楽しめばそれでいいのかなと、学者でも何でも無い私は思い楽しめましたね。

まえがき
第一章 貴族の陰謀に武力が加わり中世が生まれた
第一節 保元の乱
崇徳と頼長に謀反の意思はなかったetc
第二節 平治の乱
平清盛の熊野参詣に裏はない/後白河黒幕説は成り立たないetc.

第二章 陰謀を軸に『平家物語』を読みなおす
第一節 平氏一門と反平氏勢力の抗争
清盛が陰謀をでっちあげた/以仁王の失敗は必然だったetc
第二節 源義経は陰謀の犠牲者か
後白河は頼朝の怒りを予想していなかった/源義経の権力は砂上の楼閣だったetc

第三章 鎌倉幕府の歴史は陰謀の連続だった
第一節 源氏将軍家断絶
源頼家暴君説は疑問/策士・時政が策に溺れた「牧氏事件」etc
第二節 北条得宗家と陰謀
時頼黒幕説は穿ちすぎ/霜月騒動は正規戦だったetc

第四章 足利尊氏は陰謀家か
第一節 打倒鎌倉幕府の陰謀
後醍醐の倒幕計画は二回ではなく一回/尊氏は後醍醐の下で満足していたetc
第二節 観応の擾乱
尊氏がつくった北朝は尊氏の手で葬られた/足利尊氏=陰謀家説は疑わしいetc

第五章 日野富子は悪女か
第一節 応仁の乱と日野富子
日野富子は足利義視に接近していた/足利義政は後継者問題を解決していたetc
第二節 『応仁記』が生んだ富子悪女説
史実は『応仁記』と正反対/富子悪女説が浸透した三つの理由etc

第六章 本能寺の変に黒幕はいたか
第一節 単独犯行説の紹介
ドラマで好まれる光秀勤王家説と光秀幕臣説etc
第二節 黒幕説の紹介
一九九〇年代に登場した朝廷黒幕説/「足利義昭黒幕説」は衝撃を与えた/荒唐無稽すぎるイエズス会黒幕説etc
第三節 黒幕説は陰謀論
黒幕説の特徴/近年主流化しつつある四国政策転換説/空論etc

第七章 徳川家康は石田三成を嵌めたのか
第一節 秀次事件
豊臣秀次は冤罪だった/新説「秀吉は秀次の命を奪う気はなかった」etc
第二節 七将襲撃事件
「三成が家康の伏見屋敷に逃げ込んだ」は俗説etc       

第三節 関ヶ原への道
「内府ちがいの条々」で家康は窮地に陥った/「小山評定」は架空の会議/転換点は岐阜城攻略戦etc

終章 陰謀論はなぜ人気があるのか?
第一節 陰謀論の特徴
因果関係の単純すぎる説明/論理の飛躍/結果から逆行して原因を引き出す/挙証責任の転嫁
第二節 人はなぜ陰謀論を信じるのか
インテリ、高学歴者ほど騙されやすい/疑似科学との類似性/専門家の問題点etc

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

この本おすすめ!

これ、個人的にはかなり納得できた、多くの人に読んで欲しい本です。
陰謀論の多くが「結果からの逆算」で生まれ、挙証責任の転嫁・押しつけによって自己の主張を正当化して見せているという著者の理論は本当にその通りだなと。

本能寺の変が本当にいい例で、数多くの陰謀論者は皆「動機がある人間=黒幕」という切り口で論を展開してますが、
「じゃあ、どうやって明智光秀を操ったのか」という点にはほとんど触れていない。
しかも「どうやって操ったか」問題をひとまず棚に置くとしても、
普通に考えれば、電話も電報もメールもなく、情報を得るのに日単位の時間がかかる時代に、
チャンスは1~2日しかなかったはずのあの状況とタイミングを掴んで謀反を起こさせるなんて事が出来るわけがないとしか思えないんですが、
陰謀論にハマってしまうと、この「普通に考えて」が見えなくなってしまうんですよね。

そう考えると、やはり陰謀論は疑似科学に近いものと言えますかね。

Re: この本おすすめ!

「結果からの逆算」ある意味これが全てといっても過言では無いんですよね。
陰謀論に限らず、いわゆる人文科学、社会科学系のものは理系分野と比べて、検証の仕方に穴ができてしまったり、実験結果によって誰がやっても同じ結果を生み出すような論理構築が難しい分、自分で検証出来なくなってしまう結果を招くというか、最近お気に入りの行動経済学で繰り返し出てくる認知バイアスに囚われてしまうというかね。

本能寺の変の黒幕捜し、フィクションの世界ならばこう考えると面白いとして、意外性狙いで突飛なことを言っても、力技具合まで含めてネタとして楽しむ事はいくらでも出来ると思いますが、じゃあそれが真実だとすると、証明するためには全てのツッコミどころを埋める作業をしなければいけない、ツッコミどころを都合良く、そこは文書で残していたらば困るから処分したに決まっている!とやってしまうと、完全に結論ありきだよねってなるんですよね。
「普通に考えて」をスルーする事から陰謀論が始まっていると言っても良いかもしれないですね。

陰謀論は確かに疑似科学に近いというのはそうですし、何が困るって陰謀論も疑似科学も面白く提示しやすい事なんですよね、「普通に考えて」を意識的にせよ無意識にせよ排除できるので。

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる