FC2ブログ

今日の仮面ライダージオウ 第26話

「ゲイツリバイブ!2019」

ソウゴと飛流によるジオウ同士の戦い、ソウゴはキングギリギリスラッシュを放つも同士討ち状態になり、ソウゴは変身解け、飛流の姿は無し。

白ウォズはゲイツに対し、魔王を倒す気持ちがないと指摘し、ゲイツは反論しようとするも、ゲイツリバイブウォッチは魔王を倒すためのものであり、ゲイツの動機と連動していて、それが起動しなかったことが証拠だし、ゲイツを牙を抜かれた獸と批判し、使命を思い出さないとツクヨミに顔向け出来ないと突き放します。

ソウゴはまたもやオーマの日の夢を見ていたが目を覚ますと黒ウォズがライダーの力にはライダーの力、裏を返せば相手も同じとして、ジオウⅡは最強だが、アナザージオウのウの攻撃にはめっぽう弱いと今更教えます。

ツクヨミはタイムマジーンで2009年に向かうと、スウォルツはそれを確認。

ウールはオーラに、オーマジオウを覆す為に違う王を擁立しようとしてきたのにスウォルツがアナザージオウを作っているし、飛流がオーマジオウになったら意味が無いと焦りをぶつけます。

ウールはスウォルツは自分達には知らない企みがあるのでは無いかという嫌な予感がするとオーラに打ち明けます。

ソウゴがクジゴジ堂に帰ると、おじさんはツクヨミがやって来て飛流について聞いて来たことを話します。

ソウゴは飛流に対して会ったことがあるかもという程度でしっかりとは分からず。

黒ウォズは飛流がソウゴに執着していて、全てのアナザーライダーの力を取り込もうとしていることは事実として指摘すると、ソウゴは早瀬は必ず狙われると慌てて早瀬のもとへ向かおうとします。

黒ウォズも飛流の名前はどこかで聞いたことあると気にかかります。

2009年ツクヨミは事故のあとソウゴが運ばれたの病院に向かい面会しようとしたところ、おじさんに自分は王様にならなきゃいけないと語るソウゴの姿を見つけます。

おじさんは退院したらうちにくるように行っているのを飛流は隠れて見ていて、ソウゴであると確認するとあいつのせいだと激怒します。

ツクヨミはゲイツに連絡し、病院でソウゴと飛流を見かけ、おじさんが迎えに来たソウゴと迎えが来ていない飛流という事が分かったという事を報告。

ゲイツは飛流がアナザージオウだった事をツクヨミに報せ、ソウゴでは倒せないがゲイツリバイブなら倒せるが使えなかったと言うと、ツクヨミは分かったとして事件当日に行くと伝えます。

ゲイツの前にウールが現れてツクヨミがいた時代を聞き出そうとします。

ゲイツは何を企んでいるのかと警戒すると、ウールは何を企めるのかと自嘲気味に言い、レグルスの光が強まっていて、オーマの日が近づいていると教えます。

ゲイツはライダーの王が決まる日のために、新たな王を作ろうとしていたんだろうとウールに言うと、そうすれば新しい未来が開けると思っていたが、事態は思ったより複雑なようだと、白ウォズやアナザージオウの存在を指摘。

そして、ツクヨミがどの時代に何をしに行ったのか改めて聞き出そうとします。

しかし、ゲイツは断ります。

ソウゴはマジックカフェに行くと早瀬は店を辞めていた。

ソウゴは行き先を思いつき現場へ急ぎます。

早瀬がマジックハウスキノシタで浸っているとアナザーウィザードの記憶がフラッシュバックします。

飛流はアナザーライダーはアナザーライダーを引きつけると現れて、早瀬からアナザーライダーの力を抜き取ります。

ソウゴは倒れている早瀬を発見。

飛流はウィザードの力をもらったとソウゴに宣言。

ソウゴは飛流に自分を狙う理由を尋ねると、飛流は家族の命が奪われる原因となったのがソウゴであり、バス事故の時にソウゴの名前を叫んで白い服の女が銃の引き金を引いた事、魔王になるソウゴを危険視して未来から来て消そうとした、そのせいで家族が事故に巻き込まれたと教えると飛流はアナザージオウに変身。

ソウゴも納得しかねるところはあるものの、そのせいでアナザーライダーだった人々を襲うことは許せないと変身し戦闘開始。

キングギリギリスラッシュを放ちソウゴは互いに攻撃が利くことを確認。

ゲイツは2009年4月24日に向かい、蛇行するバスを確認しバスの中でソウゴの名前を叫んでツクヨミが銃撃しバスが爆発事故を起こすのを目の当たりにします。

現代に戻って来たゲイツはジオウを倒すのは俺の使命とジオウ同士の戦いに乱入。

ゲイツリバイブに変身。

白ウォズは巨悪を駆逐し新たな未来へ我らを導くイル・サルバトーレ、真の救世主がこの世に降り立った瞬間と祝います。

ゲイツは飛流を圧倒し、のこ切斬でトドメを刺そうとしますが、スウォルツが時を止めて飛流を救出し、オーマの日に会おうと撤退。

ソウゴとゲイツは一騎打ち開始。

ソウゴは未来を予知し攻撃するも、ゲイツはその先へ行くとリバイブ疾風となり、つめ蓮斬で追い詰めリバイブ剛烈で圧倒。

黒ウォズはソウゴの事故の乗客名簿を調べると、飛流はともかく士の名前も何故かありました。

という事で、ソウゴの過去の事故という飛流の因縁、その場にツクヨミも出かけて、それを目にしたゲイツはゲイツリバイブになる事になりましたという事ですね。

飛流は事故の原因がソウゴを狙ったツクヨミにあるとしているようですが、あからさまなミスリードっぽい演出に見えなくもないかなぁと。

少なくともツクヨミはわざわざ事故を起こすという形でソウゴを銃撃する意味が無いですし、さらに言うと何で士がバスに乗っているんだよというのもありますしね。

ゲイツリバイブは砂時計をひっくり返す事によってパワータイプとスピードタイプの使い分けができるということで分かりやすい特徴をつけてきましたし、未来を予知されてもそれよりも速く動くという事で、ソウゴのアドバンテージを無くしたという事になり、救世主扱いにようやくなったという事でしょうか。

オーマの日でなにがしかの決着をつけるという前振りをしましたが、オーマの日そのものはいつくらいにやることになるのでしょうかね?

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スター☆トゥインクルプリキュア6+仮面ライダージオウ26+4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!終

4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!第4話(最終回)「そして明日へ!」内容囚われたルカ(市道麻央)や天晴(西川俊介)を救うため、自らガイソーグの兜を被ったマーベラス(小澤亮太)は、ルカの救出に成功する。そんななか、ドギーの協力で、スティンガー(岸洋佑)は、リタ(浅川梨奈)の目的が、“究極大サタン”の復活と知る。大和(中尾暢樹)マーベラス、スティンガー、天晴、カグラ(森高愛)は。。。...

仮面ライダージオウ EP26「ゲイツリバイブ!2019」

EP26「ゲイツリバイブ!2019」 ツクヨミが関係ない人を巻き込むようなやり方するかな~?

仮面ライダージオウ EP26「ゲイツリバイブ!2019」

EP26「ゲイツリバイブ!2019」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

仮面ライダージオウ EP26 「ゲイツリバイブ!2019」

こんばんは。 今日は、仮面ライダージオウの感想です。 今週は、ゲイツが救世主にな

ゲイツリバイブ!2019

仮面ライダージオウ EP26「ゲイツリバイブ!2019」仮面ライダージオウ | 東映ゲイツの覚悟。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる