FC2ブログ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン81戦目

マジック116-108セルティックス

今日のスターターも
PG DJオーガスティン
SG エヴァン・フォーニエ
SF ジョナサン・アイザック
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

レギュラーシーズン残り1試合となったところで7年ぶりプレイオフ進出決定!

ドワイトメア騒動によるチーム解体から7年もかかったんですねぇ、その間個人スタッツだけ見れば決してプレイオフに遠いチームではないと思えるチームは何度もありましたが、ひたすら勝利という数字だけが縁遠い、惜しいまでは出来るけれども勝てるまではできないという繰り返し、勝つためには勝ち癖をつけなければいけないという、一体どうすりゃいいんだと言うことばかり言い続けてきたなぁと(遠い目)

今シーズン、終盤に入ってからの猛追は勝ちを経験し、勝ち方をチームとして会得できるようになった結果であり、今までとはひっくり返ったトートロジーになったのだなぁと。

ヴチェヴィッチが25点12リバウンド4アシスト1スティール2ブロックと相変わらずオールスター常連級の安定感、モンテネグロでは聖ニコラ祭とか行われているのではないかと思える活躍。

フォーニエが24点5リバウンド3アシスト2スティールと終盤に来てポジションエースだった頃のような活躍ができるように戻り。

DJオーガスティンが11点7リバウンド緒13アシスト1スティールとPGが穴と評価され続けた事に対して反論しているようなダブルダブル。

アーロン・ゴードンが14点7リバウンド2アシスト1スティール2ブロック、ジョナサン・アイザックが6点3リバウンド1スティール1ブロックとフォワードコンビが派手な数字をあげなくても堅実にこなし。

テレンス・ロスがベンチから26点3リバウンド3アシスト1ブロックとスコアリーダー。

ここに来てセルティックス相手だと勝負所の経験値が違いすぎて厳しいかと思いましたが、今シーズンの対戦結果の相性の方が上回りましたね。

セルティックスはプレイオフ目前という事で、主力を休ませるという選択では無く主力にしっかりとプレーさせて実戦で調整をするという選択をして怪我やらなにやらで誰かしら休んでいるという今シーズン全体の印象とは違って、がっつりと主力をだしましたが、結果としてマーカス・スマートがけつを痛めて試合中にコートを出る結果になったり、踏んだり蹴ったりな結果になりましたね、マジックが勝ったからいいのですが、正直主力を休ませておいてくれた方が安心はできたのですよね。

東のプレイオフ進出争いはピストンズが39勝41敗、ホーネッツが38勝42敗、ヒートも38勝42敗と最後の椅子をかけてギリギリの状態ですが、ホーネッツが崖っぷちから落っこちたと思っていたのにギリギリ落ちていないところから粘っていたことに驚き、同時に改めて今日のセルティックス戦負けていたらホーネッツ相手の最終戦という嫌すぎる展開だったんだなって。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

祝プレイオフ

ドワイトメア以降の長すぎた迷走の歴史を経て(苦笑)、ようやくここまで戻ってきましたね。
今季は、ベンチで2桁得点を期待できるのがロスしかおらず、昨今の流れからするとどう考えても得点源が一人足りない気がするんですが、
それをやり繰りしながら、軒並み去年よりFG%が上がっているのはクリフォードHCの手腕でしょうね。元々悪くない人選だと思ってたので、結果に表れて良かった。

しかし最終盤に、勝利経験に乏しい選手の多いネッツとマジックが連勝で勝ち抜けるという展開は予想外でしたね。
他チームより修羅場経験が多く、有利と思われていたヒートが情けなかったというか。
結局、終盤は引退間際のウェイドと怪我明けのドラギッチ頼みのチームになってしまい、ウィンズロウ、リチャードソン、ホワイトサイドといった伸び悩み族が完全に空気になっちゃった感じ。

あとピストンズも、選手はネッツやマジックより揃ってる気がするし、POはともかくシーズンの采配は定評のあるケーシーHCでこんなに勝てないのがよくわからない。
もしかすると、スタッツだけなら素晴らしいドラモンドは、現代NBAで勝てる選手ではないのかもしれませんが・・・。

逆にこの2チームの失速で目が出てきたホーネッツは、途中完全に干されていたカミンスキーがここに来て絶好調で、ケンバに次ぐ得点源になってますね。
安定感はないけどいい所で爆発したりもする選手なので、最後のPO争いの鍵を握るのは意外とカミンスキーかも。

Re: 祝プレイオフ

ドワイトメア以降、こんなに長期間迷走するとは予想出来なかっただけに、ようやくプレイオフに戻ることが出来たというだけで感慨深いし、ドワイトメアが一番ナイトメアとなって継続しているのがドワイト本人になるとも予想しなかった(苦笑)

今シーズン本当にベンチスコアラーがロスしかいなくて、しかも怪我さえ無ければ2桁得点を期待できる貴重な存在であったジョナソン・シモンズをトレードで出してしまってからは、ベンチ層が薄くなりすぎて困ったものだとなったのですが、マイケル・カーター・ウィリアムスを補充できたと言うのと同時に、クリフォードHCは弱いチームをプレイオフ進出レベルに引き上げるという能力に関しては文句のつけようのない人選だったんだと再確認出来ることになりましたよね。

ネッツも勝利経験に乏しいチームですし、ある意味マジック以上にドラフト時点での知名度の低い選手の集まりとなっている中、団子状態の中では一番進出確率は高そうとなってのプレイオフ進出は東の地殻変動を起こしている感じですよね。
ヒートは怪我人の影響、リチャードソンなんかはそれこそこの時期に離脱になったり、終盤になって持っていないかんじになっていて、ヒートと枠を争うのなら何とかなりそうと思えましたからね。

ピストンズは、選手の顔ぶれにしろケーシーHCにしろなんでこんなに苦しんでいるのか意味が分からない、ドラモンドは現代NBAで勝てない選手なのかもしれないですが、今シーズンくらいからインサイドでぶつかり合いに勝てる選手の見直しが微妙にされてきているだけに、やりようはありそうですが、どうなんでしょう?PGがレジー・ジャクソンというの方がチームを向上させる波及効果は望みにくそうというのは固定概念として私は持っているので、こっちの方が足枷なのではとも思ったりも。

ホーネッツはプレイオフ争いから脱落しているものと思っていただけに、ここに来てまだ現実的に可能性を残しているのに驚いていますね、カミンスキーはろくすっぽ出ていない期間があったから、怪我でもしているものだと勝手に思うくらいでしたからねぇ、干すにはもったいないというか、ドラフト指名された瞬間からロールプレイヤーとして適応すると予想していた選手ですし、それこそ勝負所だけ活躍する路線狙いが嵌まりそう。

おまけ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる