FC2ブログ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン最終戦

マジック122-114ホーネッツ

今日のスターターは
PG DJオーガスティン
SG エヴァン・フォーニエ
SF ウェス・イワンドゥ
PF アーロン・ゴードン
C  ケム・バーチ

前の試合で7年ぶりのプレイオフ進出を決め、勝っても負けても勝率5割以上決定とレギュラーシーズンは一仕事終えたかんじになりましたが、相手は勝てばプレイオフ進出の望みが残るというホーネッツ。

大黒柱のニコラ・ヴチェヴィッチとオールスター明け勝利のためのキーマンとなっていたジョナサン・アイザックを休ませたという事で、恐らくホーネッツ側はそれだけでガッツポーズだったろうなと予想できるものになりましたが、マジックは空気を読まずに無慈悲に最終戦を飾りました。

アーロン・ゴードンが27点7リバウンド3アシストとヴチェヴィッチがいないなら代わりにエース役をやるよというような活躍。

DJオーガスティンが18点4リバウンド1アシスト、フォーニエが14点2リバウンド3アシストと休んでいる2人の穴埋めという事では無く通常程度となりましたが、テレンス・ロスがベンチから35点6リバウンド2アシスト1スティール、3Pを6/10と決めまくる鬼っぷりに、マイケル・カーター・ウィリアムスが8点4リバウンド7アシスト1スティールと、本当に拾っていなかったらプレイオフ進出できなかったよねという活躍をみせ、最終戦を締めくくりました。

ホーネッツもケンバ・ウォーカーが43点2リバウンド5アシスト2ブロックとプレイオフ進出に望みをかけた大爆発を見せたのですが、終盤に来て勝ち方を知るようになったマジックは結構本物になっていたという事ですね。

これで、東の7位でプレイオフ進出というだけではなく、サウスイーストディビジョン優勝ということになりました。

マジックしかプレイオフに出場していないので、どれだけ他のチームはダメだったんだよという話になりますが、一応最後までプレイオフ争いをしていたホーネッツとヒート、根本的にチームを解体したホークスはともかく、ウィザーズはジョン・ウォールが怪我で離脱したからというのがあるにせよ計算違いも甚だしいですし、これもある意味ドワイトメアとか言うと傷口に塩をたっぷり塗りたぐるような態度になりすぎますかね。


レギュラーシーズンの最後と共に現役引退表明をしているダーク・ノヴィツキーとドゥエイン・ウェイドという時代を代表する選手2人もプレイオフ出場が出来ないチームですので最後の試合となり、また1つの時代が終わる感じが強いなぁと。

特にノヴィツキーは20年という長期間のNBA生活、20世紀中にドラフト指名を受けた希少種になっているので余計に感慨深いですね。

同じ年にドラフト指名されたヴィンス・カーターがまだ現役を続けようかなんていう話があるようなので、20世紀にドラフト指名された選手が消えるということではないようですが、いなくなるのも時間の問題ですね。

ノヴィツキーは今日のトップ10プレーで1位に選ばれたり(これは忖度でしょうが)まだ時間を限定すれば出来るだろう感は強いんですよね、そういうプレーを集めているというのがありますが。





関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

シーズン勝ち越し!!!

プレイオフ出場もさることながら、勝ち越しでシーズンを終えられたというのが、
チームにとって大きな自信になりそう。
正直、今季の面子で勝ち越せるというのは、シーズン前には予想だにしてませんでした。

これで1回戦の相手がトロントに決まりましたね。
プレイオフ恒例となってしまっているカイル・ローリーの失速があればワンチャンあるかなという感じですが、
今季はフレッド・ヴァンブリートの頑張りもあって結構休めてるんですよね。
(個人的にはローリーも好きな選手なので、そうなるとちょっと複雑というのもある)


ノヴィツキーに関しては、大ファンとして、引退と聞いて正直ほっとしている部分もあります。
部分部分で良いプレイもあるとは言え、今季のダメな日は全く入らないシュートや、
明らかに足がついていかなくなってきたディフェンスを見るのは正直辛かったですから・・・。
まだできると思われてるくらいで引退するのが良い引き際という気もしますし。

まあでも、個人的に好きな選手は沢山いたし今もいるけど、
愛するレベルで好きだった選手はノヴィツキーとチャールズ・アウトローとトム・ググリオッタの3人だけなので、
来季から誰中心にNBAを見ようか・・・とちょっと困っている部分はありますが。

Re: シーズン勝ち越し!!!

シーズン勝ち越しというのは、シーズン開始前予想していませんでしたね。
勝ち越してくれたら良いなという願望はありましたが、現実的に勝ちに直結する上積みは感じられなかったですからね。
チームにとって大きな自信になるのは間違いなく、本当に選手に必要なスタッツは勝利数という課題でしたからね、改めてスティーブ・クロフォードHCはここを伸ばすノウハウを持っていたと。

1回戦ラプターズという事で、勝ち抜けは難しいと思っていますがお掃除負けはしないでプレイオフでの勝利という経験は積めるのではなないかと予想。
プレイオフ恒例のカイル・ローリーの失速というのは十分計算できますが、同じくプレイオフになるとレギュラーシーズンとは別物になってしまうデローザンに代わり、クワイ・レナードになっているのでプレイオフ慣れが段違いになってしまったのでハードルが上がってしまった。

ノヴィツキーは確かに引退してほっとする気持ちも分かる。
最終戦は数字を残して引退できるように忖度された形で、本当にまだやれる感じを演出できましたが、明らかにもう主力級の力は残っていないし、若手の相談役としてプレーしないで現役を続けるというのも似合わないですしね。
引き際としては理想に近いかもしれないですね。

愛するレベルの選手となると、なかなか難しいですからねぇ。
ノヴィツキー、アウトロー、ググリオッタと20世紀中に知った選手ばかり、21世紀からNBAデビューした選手がこの中に入っていないとなると、その一段階下の好きな選手の中で優先順位の高い選手から探す、選手として好きと目星をつけていて、好きなチームに所属しているとかが候補にしやすいかなぁと。

おまけ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる