FC2ブログ

今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・セミファイナル

ラプターズ101-112シクサーズ

あとがないシクサーズがホームで大爆発。

ジョエル・エンビートが17点12リバウンド1アシスト1スティール2ブロック、FGも5/14とこれだけ見るとたいしたことが無い感じなのですが、+/-が+40と1人突出してふざけた数字。

ジミー・バトラーが25点6リバウンド8アシスト2スティールで+/-で+15というのが主要スタッツは華やかなのに霞んでしまうという(苦笑)

ベン・シモンズも21点8リバウンド6アシスト、スターター全員2桁得点に、ベンチスタートのマイク・スコットも2桁得点と奮闘した結果勝負は最終戦までもつれる結果に。

ラプターズはクワイ・レナードが29点12リバウンド5アシスト1スティール、パスカル・シアカムが21点6リバウンド3アシスト2スティールとフォワード陣は奮闘したのですが、マーク・ガソルが7点3リバウンド4アシスト1スティール2ブロック、ダニー・グリーンが8点3リバウンド1アシスト1スティールとベテランスターター2人が今ひとつ、その分を穴埋め出来る選手も現れずと言う結果。

最終戦はラプターズがホームで戦えますが、勝った勢いで最終戦に臨めるシクサーズとホームに戻って仕切り直しができるラプターズとどっちが有利になるのかは分からないですね。


ナゲッツ108-119ブレイザーズ

こちらも後がないブレイザーズがホームで勝って最終戦へ。

デイミアン・リラードが32点3リバウンド5アシスト1スティール、CJマカラムが30点6リバウンド3アシスト、ベンチスタートのロドニー・フッドが25点4リバウンドとバックコート陣で得点を稼ぎ、エネス・カンターが6点14リバウンド1アシスト、ベンチスタートのザック・コリンズが14点4リバウンド1アシスト1スティール5ブロックとセンターも奮闘し、実にブレイザーズらしい勝ち方になるかなと。

ナゲッツはニコラ・ヨキッチが29点12リバウンド8アシスト、ジャマール・マレーが24点10リバウンド5アシスト1スティールを筆頭にスターター全員2桁得点と悪くは無かったのですが、ベンチ陣がブレイザーズほど活躍出来ず、そこの差がそのまま勝敗を分けた形ですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる