FC2ブログ

今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・セミファイナル

ウォリアーズ118-113ロケッツ

前の試合でふくらはぎを痛めて試合途中で離脱したケビン・デュラントはそのままこの試合も欠場となりましたが、ウォリアーズが勝ち抜け決定。

デュラントの代わりにスターターはセンターにアンドリュー・ボガットを入れて最初から最後までスモールラインナップ作戦はひとまず棚上げ、ボガットは11分のプレイタイムで3リバウンド1アシスト1ブロックとデュラントの穴を埋めると言うまでにはいかなかったものの、デュラント加入以前の原点回帰へ向かう事には成功したと言ってもいいのかもしれないで末。

ステファン・カリーは33点5リバウンド4アシスト、クレイ・トンプソンが27点2リバウンド2アシスト1スティール2ブロックとスプラッシュブラザーズがシュートをスプラッシュさせまくり、アンドレ・イグドラも17点2人版ウンド3アシスト5スティールと健在ぶりを見せ、ドレイモンド・グリーンも8点10リバウンド7アシスト1スティール1ブロックというあたりも、初優勝の頃に戻った感覚に見えたり。

ケボン・ルーニーが14点5リバウンド1アシスト1スティール1ブロックとベンチスタートのインサイドの選手が結果を出したり、デュラント欠場によってチーム戦術を変更せざるを得なくなったことが、怪我の功名とばかりに良い方向になってロケッツは逆にやりにくい状況を作り出したのではないかと思わせますね。

デュラントとデマーカス・カズンズとオールスター級の選手2人が離脱したらば、普通はもっと大混乱になっておかしくないのですが、まだそれでも何とかできるチームですよね。


ロケッツはジェームズ・ハーデンが35点8リバウンド5アシスト4スティールと大暴れ、クリス・ポールも27点11リバウンド6アシストと健在ぶりを見せることになりましたが、勝つには一歩及ばず。

クリント・カペラが10点10リバウンド1アシスト、PJタッカーが15点4リバウンド2アシスト3スティールですから、バックコート偏重とまではいかないのですが、どこかにロケッツの限界というものを感じますね。

具体的にどうすれば改善するのかというと思いつかないですし、ジェームズ・ハーデン中心のチームってなると、根本的にそれ専用のチーム構成にしないといけないわけで、その扱いをどうするのが正解なのかは、かなり限定的になるんだろうなと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる