FC2ブログ

今日のFA契約

NBAはFA契約解禁になると動きがありすぎてついていけない感じがあるのですが、初日から大勢に影響があるもの続出でしたし、基本ESPNの情報一覧を見ながらメモ代わりにしているのですが、決まりなのか、話が進んでいるけれども調整中なのか(トレードが絡んでくると、調整中という事になりがちのようですが)私の英語力ではなかなかしんどいのですよね。

あと、具体的に金額が上がっていれば話がまとまったと把握しやすいのですが、具体的な数字が出ていないと合意したのかどうか不安になるという(苦笑)


クリッパーズがパトリック・ベバリーと3年4000万ドルで契約合意。

クリッパーズにとっては貴重なベテランという立ち位置になりますし早めに残留が決まったのは大きそうですね、ルーキーというか2年目になるシャイ・ギルジオス・アレクサンダーの良い手本となる事も期待されてのこの契約かなと。


ブルズがトーマス・サトランスキーと3年契約のサイン・アンド・トレード

実は密かにマジックに引っ張ってこれないかという視点で見ていたPGの1人なんですよね、ジョン・ウォールの復活具合によってプレイタイムがもらえなくなる立場ならば出番を求めるのではと、ウィザーズから出て行くというのは当たっていましたね。


ニックスがウェイン・エリントンと2年1600万ドルで契約合意

ニックスが最終的にどういうチームになるのか分からなすぎるので、こういったロールプレイヤーは初期段階で契約されて適切なのかどうか分からないのですよね、特に軸もへったくれも無い状況のチームですと。


マブスがセス・カリーと4年3200万ドルで契約合意。

ブレイザーズでプレイオフに出番を得て兄弟対決をできるまでになりましたが、マブスに復帰となりますが、マブスはオフに積極的にガードを補強している感が強いですね。


ヒートがブレイザーズからモー・ハークレス、マイヤーズ・レナードを獲得。
ブレイザーズはヒートからハッサン・ホワイトサイドを獲得。

昨シーズンから散々ヒートから出されるという話だったホワイトサイドのトレードがついに決まりましたね。

ヒートも今オフにガンガンチームの作り替えをしているので、完成形が見えないとどうとも評価できないのですが、ブレイクしそうでしないままのマイヤーズ・レナードがどうなるのかは気になりますね。

ブレイザーズも動きまくりとなりますが、これでフロントコートは総入れ替えに近い物になりますよね。


ロケッツはオースティン・リバースと2年契約で合意。

リバースはロケッツに復帰となりますが、ちょっとここ数年兼用ガードとしていろいろと使いにくい選手扱いになっているのでね・・・ジェームズ・ハーデンのバックアップとかならば、チームとしてやり方を変えないでもはまるとか計算されているかも(そこまでの得点力は期待出来ないですが)


ウォリアーズはクレイ・トンプソンと5年1億9000万ドルのマックス契約を合意。

ウォリアーズはやっぱりスプラッシュブラザーズありきのチームという決断になりますね。

スプラッシュブラザーズで使いまくらざるを得ない予算枠にどれだけの補強が出来るのかが大きな課題ですし、怪我で出遅れが決定しているクレイ・トンプソンが帰ってきてから、デアンジェロ・ラッセルと合わせて3人のガードのプレイタイム配分がどうなるのか、3人スターターなスモールラインナップを目指すのか、話題に事欠かないですね。


マブスがマキシ・クラベールと4年3300万ドルで契約。

4年目はチームオプションという事で、このくらいの立ち位置のロールプレイヤーに4年契約は長いかなという不安除去込みという感じですね。


レイカーズがトロイ・ダニエルズと1年210万ドルで契約合意。

こういうシューターをお買い得価格でマジックもとらないものかと思う案件ですね。


セルティックスがエネス・カンターと1年目480万ドル2年目500万ドルで契約合意。

プレイオフ怪我で離脱したユスフ・ヌルキッチの穴埋めをして再評価された感のあるカンターですからお買い得価格過ぎやしないかと思ったりもするのですが、カイリー・アービングが抜けたり、ちょっとごたついている感があっても東の有力チームである事は変らないセルティックスならば喜んで契約するという事ですかね、まぁニックスで干されてみたり安定してプレイタイムを得られていないから、強気の契約もしにくいというのもあったのかもしれないですね。


ニックスがエルフリッド・ペイトンと2年1600万ドルで契約合意。

トリプルダブルを連発できる総合力はあるものの、勝利に直結させられないPGのままで、どうにも評価が難しくなっているペイトンですが、チーム状況がどうであれ、勝利に直結させないとボロカスに言われるニックスに行って大丈夫なのかと心配してしまいますねぇ。


ペイサーズがエドモンド・サマーと3年契約で合意。

名前しかよく分かっていない選手というか、サマーなんて名前じゃなければ全く印象も何もなかったろうなってくらいなので・・・

バックスがウェズリー・マシューズと1年契約で合意。

オラディポの負傷離脱の穴埋めにペイサーズに入ったマシューズですが、ペイサーズから出て行くという事でペイサーズは若返りも狙っているのでしょうね、バックスでも貴重な戦力になるとは思うのですが、1年契約なんだぁって。


サンズがフランク・カミンスキーと2年1000万ドルで契約合意。

サンズもなかなか積極的な補強をしている感がありますが、カミンスキーのようなロールプレイヤーを有効利用出来るのかどうかはよく分からないというか、どうにもサンズは伝統的に走ってなんぼのチーム以外の成功事例のイメージが無いもので・・・


サンダーがアレック・バークスと契約合意。

契約内容は見つからなかったのですが、バークスはジャズを出てから腰を落ち着けられていないのですが、サンダーで居場所の確保ができるかどうか、サンダーのベンチスタートで役割を結構得られそうな感じはしますけれどもね。


ウォリアーズはケボン・ルーンーと3年1500万ドルで契約合意。

チームは変化する状況になったからこそ、ルーニーはプチブレイクくらいの期待はされているというか、期待に応えないとチームとして厳しいでしょうね。


ジョーダン・ベルがウルブスと契約合意。

ウルブスもベテランが抜けていっているので、どういうチームになるのか現段階で分からないのですが、早い段階で確保されているからには期待されているのでしょう。


ウィザーズがアイザイア・トーマスと1年契約で合意。

去年ナゲッツでリハビリして、トッププレイヤーな位置に戻るきっかけを掴みたかったトーマスですが、途中でローテーションから外されるなど、まだまだリハビリに時間がかかるというか、元に戻る事に関して疑問を持たれるままですね。

サトランスキーが出た穴埋めに数年前ならば豪華過ぎる補強となるわけですが、ジョン・ウォールとアイザイア・トーマスでPGとなると、健康状態に不安がありすぎるのですよね・・・日本では八村効果でウィザーズの注目度は上がるでしょうから、元気に復活すれば日本人気は一気に上がる可能性もあって面白いのですけれどもね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる