FC2ブログ

今日の仮面ライダージオウ 第42話

「2019: ミッシング・ワールド」

ゲイツがゲイツリバイブに変身しソウゴに向かってくると、ソウゴはゲイツと闘う意味が無いと説得しようします。

しかし、ゲイツは散っていった仲間たちの無念を晴らすという戦う意味を持っていたため止めようとはせず。

ソウゴはゲイツと戦うつもりはないからと変身を解き、ソウゴが最低最悪の魔王になったら倒してやるとゲイツと約束した事を持ち出し、倒したいと思うなら倒せば良い、ゲイツが俺を倒す時は最低最悪の魔王になった時だからと覚悟を見せます。

ゲイツは百烈タイムバーストで容赦なくソウゴを倒しにかかると、ツクヨミがやって来て止めようとします。

ゲイツが止まらないとなると、時を止め話が聞きたいと強制的に止めます。

それを見ていた士は満足げ。

飛流が魔王となるように時間が書き換えられた中に、お宝狙いの海東も出現。

クジゴジ堂にソウゴを連れて来て、おじさんはレジスタンスの救護所で怪我人だらけの中に魔王の手先か魔王本人を連れて来て大丈夫なのかと不安な気持ちをツクヨミにぶつけます。

ゲイツとツクヨミが士も知らないという事で、ソウゴは歴史がおかしくなっていると説明。

時間を書き換えられたと説明中に、ゲイツはウォズも知らない事が判明。

ツクヨミは時間が書き換えられる前に誰と戦っていたのか尋ね、ゲイツは魔王と戦っていたのかと聞くも、士は魔王はソウゴ自身なのに戦うはずが無いだろうと話をややこしくさせます。

ソウゴは飛流を倒して世界を元に戻さないといけないと説明するも、ゲイツは魔王になるためかと反発。

ゲイツは敵はジオウであり、それが飛流であってもソウゴであっても変らないと宣告。

ツクヨミは信じてもいいとゲイツをたしなめ、時間を書き換えられていてもいなくても飛流を倒さない事には未来は無いとソウゴに肩入れするように促すも、ゲイツは聞き入れず出かけます。

ツクヨミはソウゴの傷の手当てをしようとしますが、おじさんはソウゴにびびりまくりで救急箱を渡すだけで大変な事に。

ウォズは最低最悪の魔王であるオーマジオウの映像を飛流に見せると、飛流はソウゴからオーマジオウになる未来を奪うと宣言。

オーラは未来はいいけれどもアナザーライダーが倒されたではないかと呆れながら茶々を入れると、飛流は時間を書き換える力を使ってもっと苦しめないと気が済まないと、倒されても構わないという態度で答えます。

時間を書き換える力なんて凄いお宝だと海東が現れ変身し、仮面ライダースペクターと仮面ライダーブレイブを召還。

飛流はアナザーゴーストとアナザーエグゼイドを向かわせ、それぞれが戦闘開始。

飛流も変身しようとすると、アタックライドブラストで海東はアナザージオウⅡのウォッチというお宝を没収し、海東が召喚したライダーたちもアナザーライダーを撃破し撤収。

スウォルツは撤収しようとする海東の時間を止めてお宝を海東から回収し飛流に返します。

飛流は出かけると、スウォルツはオーラにお供をするように指示し、オーラは命令される事そのものを嫌がります。

スウォルツは海東の時間を動かして吹っ飛ばすと、お宝の代わりに良いものをやるが、その代わりに夜雨に立てと指示し力を注入。

ウォズは何か思わせぶりに陰から様子を伺います。

ゲイツはソウゴの事が気になり、そこにソウゴとツクヨミがやって来ます。

ソウゴが話しかけると、ゲイツは話す事を拒否。

ツクヨミはソウゴの話が本当ならば、協力して飛流を倒すと言うのは悪い話では無いと説得しようとするところに、飛流がやって来て話は中断。

飛流は世界に王は2人はいらない、ソウゴの代わりに最低最悪の魔王になると宣言するも、ソウゴは最低最悪の魔王になるつもりはない、飛流を倒して世界を元に戻すと返してお互いにジオウⅡに変身。

ゲイツは相打ちになれば好都合と参戦せず。

ソウゴは追い詰められてグランドジオウに変身しようとすると、海東が現れ、いいお宝だと褒めてから新しい力を見せると時を止め、オーラはタイムジャッカーの力を持っている事に驚きます。

海東は楽にウォッチを奪い去ってから時間を動かし去り、オーラは海東をつけます。

ソウゴのピンチにゲイツは変身し飛流に一撃をくらわせてソウゴ共々撤退。

それを見ていたスウォルツは飛流に負けたようだと煽ると、逃げられただけと返します。

スウォルツはそれを聞いて鼻で笑うと、あいつが役に立つかもしれないとツクヨミを見ます。

ツクヨミはそれに気付いて逃げ出します。

ソウゴはゲイツに礼を言いますが、ゲイツは情けない戦闘に見過ごせなかっただけと素っ気ない態度。

ソウゴは知っているゲイツのままと嬉しそうにすると、ゲイツはソウゴに知っているゲイツはどんな奴かと聞きます。

ソウゴは初めて会った時、いきなり襲われた、何を言っても全然聞いてくれなくて事あるごとに戦った、そのたびに絆は強くなった、世界を救いたいという気持ちは一緒だったから今は信頼出来る仲間と嬉しそうに語ります。

ゲイツはソウゴの時代の自分はソウゴを信頼していたのかと尋ねると、ソウゴはたぶんと答えたああとウォズに家臣と言われると怒ったと教えると、ゲイツは家臣扱いに怒り、同じ反応にソウゴは喜びます。

そこにツクヨミから助けを求める連絡が入ります。

ツクヨミはアナザービルドとアナザーカブトからひっしん逃げたものの捕まってしまい、飛流が連れて行こうとします。

士が助けに入り、推測通りなら渡すわけにはいかなと通りすがりの仮面ライダーに変身。

飛流も変身し戦闘開始し、士はツクヨミに逃げるように言い、飛流はアナザーライダーに追うように指示。

そこにソウゴとゲイツも到着。

ゲイツはピンクなのは誰かと聞き、ソウゴは士が変身した仮面ライダーディケイドだと教え、ピンクでは無くマゼンタと訂正。

ソウゴとゲイツは変身し、ゲイツはここは俺に任せろと士と共に飛流と闘い、ソウゴにはツクヨミを追わせます。

ツクヨミはアナザーライダー達にに追いつかれると、時間を止めて逃げようとするも、ウールに解除されてしまい捕まります。

ウールは時間をとめるのは自分達の専売特許とツクヨミが時間を止める事そのものに不満。

ソウゴが駆けつけるも、ウォズが立ちはだかりツクヨミは連れ去られます。

ソウゴはウォズの行動の理由を尋ねると、新たな魔王に仕える事にしたから、消えてくれと答え、そうでなければ戦わなければならないとすると、ソウゴは闘いたくないと拒否。

ウォズはそれは同じとあっさりウォッチを下げて変身して戦うという意思を取り下げ、為すべき事今も昔も変らないといいながら去ります。

オーラは海東に時間を止める力について聞き出そうとすると、海東はスウォルツにもらったと答え、オーラは戸惑います。

ウールはツクヨミを連れてスウォルツのもとへ連れて行き、スウォルツがツクヨミを妹と呼び、ウールもツクヨミも呆然。

という事で、飛流編は2話完ものではなく継続する方向のようで、歴史が書き換わったという事で士だけではなく海東も絡んでくるようになり、スウォルツが完全に今まで以上に何かしら狙っているというのが前面に出て来ましたね。

そもそも、何を狙っているのかよく分からないまま引っ張ってきていましたし、タイムジャッカーの仲間2人もどういう関係性で何を目的として動いてきているのか報されているのかとか不明なままですからねぇ。

これで、少しは狙いがはっきりするのでしょうか?ツクヨミを妹として明かしましたが、ツクヨミとそれまで離れていた事から何から不明点が多すぎて、何が決着をつける事になるのか分からないんですよね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダージオウ EP42「2019:ミッシング・ワールド」

EP42「2019:ミッシング・ワールド」 ゲイツとは戦いたくないと変身を解いたソウゴ。 この子の話を聞きたいとツクヨミがゲイツを止める。どの時間でもゲイツはツクヨミに弱いな。

仮面ライダージオウ EP42「2019:ミッシング・ワールド」

EP42「2019:ミッシング・ワールド」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

2019:ミッシング・ワールド

仮面ライダージオウ EP42「2019:ミッシング・ワールド」仮面ライダージオウ | 東映ソウゴとゲイツとツクヨミと…

仮面ライダージオウ EP42「2019:ミッシング・ワールド」

仮面ライダージオウの第42話を見ました。 EP42 2019:ミッシング・ワールド ゲイツとの戦いを拒否したソウゴはゲイツとツクヨミに“正しい歴史”について説明する。 「私は信じてもいい」 「何?」 「時間を書き換えられてもいなくても、どの道、加古川飛流を倒さないと私の未来はない」 「勝手にしろ」 ウォズのことも知らないと言い放つゲイツはソウゴの話を受け入れないが、ツクヨミはソウゴを...

スター☆トゥインクルプリキュア22+仮面ライダージオウ42+騎士竜戦隊リュウソウジャー16

騎士竜戦隊リュウソウジャー第16話「海に沈んだ希望」内容コウ(一ノ瀬颯)たちのもとに、カナロ(兵頭功海)の妹・オト(田牧そら)がやってくる。おくれてカナロもやって来て、オトを連れ帰ろうとする。引き止めようとするコウ。するとオトから目的を尋ねられる。なんのために戦っているのか?と。“平和のため”と答えるコウたちに、オトとカナロは話を始める。モサレックスから、“陸のリュウソウ族”の悪い話を聞かさ...

仮面ライダージオウ EP42 「2019:ミッシング・ワールド」

こんばんは。 今日は、仮面ライダージオウの感想です! 今週は、ソウゴがゲイツともみ合う話。 異世界に行ってソウゴの記憶がなくなったゲイツでしたが、異世界でもゲイツはゲイツであった。 ソウゴの情に勝たれて、しっかり仲間に。 ソウゴがゲイツとの思い出を語って和解するくだりはよかったですね。 やっぱりこの二人の関係好きだなぁ。 ツクヨミほったらかしだったのは面白かったけど(笑) ...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる