FC2ブログ

今日の読書 テンプル騎士団/佐藤賢一

歴史の知識があることによって、それが実生活においてなにか役に立つのかというと、歴史は繰り返すという言葉があるように、なにがしかの社会問題が起きた時に類似する事例と比べてみて、本当に繰り返すかと予想してみたり、先例があることを踏まえてしっかりと対策をしてくると予想したり、そもそも類似する事例だと考えている事例が根本的に似ても似つかない何て言うことまであったりと、色々ありますが、私個人としては歴史の知識を持つという事は社会生活においての知恵となるというよりも、エンターテインメント分野の元ネタとして知っておいた方が楽しみ方が増えると考えています。

実生活に生かすだの、歴史の政治利用、それも完璧に悪用というか、思考停止状態にすぐに現代の○○だとか同一視して喧伝するようなものを目にしすぎて、残念な気持ちにしかならなかったりとかがあるかもしれないですね。

変なプロバガンダではなく、過去の人物との共通点を見つけて現代の○○扱いにして楽しむのであれば、歓迎するのですが。

私の知識量の無さは自他共に認めるものがあるのですが、そういった教養のない中でも趣味分野というものはあるわけで、その趣味分野によって元ネタがはっきりあるものだと知った中にテンプル騎士団というのものがあります。

知ったきっかけが、ブラジルのパワーメタルバンドのANGRAのコンセプトアルバムTemple of Shadowsだったわけですが、このアルバムを初めて聴いた時には、海外のメタルバンドっていうのは、難しい元ネタを使ったコンセプトアルバムなんて作るもんだなぁと感心しましたが、曲を聴いて歌詞の訳に目を通したものの、その時はそういうものがあるのんだ程度、実際にがっつりと直接的な歌詞では無く知らないなら知らないである程度普遍的なネタとして使っているというものでしたし、英語の歌詞なんて聴いている分にはほぼほぼ内容が分からなくたって気にならないですし、すっかり忘れていたり。

そんな中、たまたま本書を目にして、そういやANGRAのアルバムの元ネタだったなと気になって読んでみました。

基本的に中世のヨーロッパの歴史というものについて詳しくないを通り越して、ほぼほぼ知らない状況で、テンプル騎士団については名前しか知らないというところからですので、読み終わっても本当にうわべしか理解していないことになるわけですが、まとめると十字軍がイスラム教徒との戦争をやっていた時の流れで出来上がった、騎士と修道士が合わさって出来上がった集団であり、当時の封建的な領主が戦闘時はそれぞれが、それぞれの立場で一定の報酬を受けて、一定期間戦闘に加わるという形の戦争が行われていた中で、テンプル騎士団はその枠から外れた規格外の存在、騎士と修道士のハイブリッド種ゆえに宗教集団的な統一感、ストイックさでまとまり、目標達成までしっかりとやりきれる下地が作られていたことと、まだ国家という概念が気迫だった時代に、戦闘宗教組織として独自に動く事ができる事を最大限に利用し、キリスト教組織ながらも金貸し業を行うという、規格外さもあり組織として成功する事も出来たが、最終的に社会の枠外な組織ゆえに、勢力拡大に限界もあり、同時に国家概念が強まる時代になると、邪魔な存在となってつぶされたという事のようですね。

作者はテンプル騎士団のイメージはその後エンターテインメント分野ではスターウォーズのジェダイの騎士の元ネタの1つだと踏んでいたり異端な存在ながら、時代の中枢では無いところで影響力を持っていたと理解すれば良いのかなとまでが、元知識のない中での限界ではありますが、元々世界史の知識がある人ならば、もっと奥深く理解も出来ているのだろうなと。

中世ヨーロッパを元ネタとするファンタジーあたりをよく知っている人なんていうのも、テンプル騎士団を元ネタになっていると気付く人なんていうのもいるのでしょうね。


第1部 テンプル騎士団事件 前編
第2部 テンプル騎士団とは何か
 第1章 テンプル騎士団は始まる
 第2章 テンプル騎士団は戦う
 第3章 テンプル騎士団は持つ
 第4章 テンプル騎士団は貸す
 第5章 テンプル騎士団は嫌われる
第3部 テンプル騎士団事件 後編

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる