FC2ブログ

今日の仮面ライダーゼロワン  EPISODE #3

『ソノ男、寿司職人』

まごころ寿司に或人とイズは寿司職人ヒューマギアの一貫ニギローの契約をとるためにやって来ていた。

一貫ニギローの作った寿司を食べて或人は美味いと褒めて契約を取ろうとするも、大将はロボットだから契約は辞めたと言います。 

そこに唯阿が現れ、ヒューマギアには優れた価値があると言鋳出し、味方をしてくれたと或人は驚きます。

迅はゼロワンにA.I.M.S.と放っておいて良いのかと尋ねると、滅はマギア作戦は順調、アークの完全復元は近いと気にせず、そのための新しいデータが必要と滅は迅に新たなヒューマギアが目覚めるとゼツメライズキーを渡します。

副社長は或人が外回り営業を始めたことに苛つきます。

シェスタはテロリストである滅亡迅雷.netの尻尾を掴むためヒューマギアの職場を回っている、三つ星の名店であるまごころ寿司が店主が腰を痛めてから後継ぎを捜しているという情報を伝えると、契約となれば我が社のプラス、上手くいかなければ社長を辞めさせる口実に使うと小者な返答。

唯阿は或人も知らないヒューマギアの使い方をして、一貫ニギローにお任せで握らせます。

イズは或人がプレゼン出来ないのを拾って、ヒューマギアはライズフォンから得た様々なデータを分析し、その時のお客様に適したお寿司を選択提供出来る、ヒューマギアだからこそできる技術とプレゼン。

その言葉が終わるのと同時に一貫ニギローは匠の漬けマグロを唯阿に出します。

唯阿は普段のテンションからは考えられないくらいに美味しがり、或人に突っ込まれると、冷静に戻ってテクノロジーと共に生きるのが新時代の生き方、ヒューマギアとどう付き合うかは人間次第と言い、或人を喜ばせます。

バーバーむらやまで散髪客をヒューマギアが見送ると、そこに迅が現れゼツメライザーを無理矢理装着。

一貫ニギローは大将の好物であるイカを一貫だすも、大将はまずい、こんなもの寿司じゃねぇ、ロボットに寿司職人はつとまらない、ロボットには心が無い、まごころ寿司は俺一代でおしまいと取り付く島も無し。

唯阿はマギアが暴れていると報告を受け、まごころ寿司を出て行く。

A.I.M.S.が到着すると、床屋マギアは人間は殺すとネオヒマギアへ。

不破は力技で変身し戦闘開始。

唯阿は駆けつけると、また勝手に不破が変身しているのを怒り、A.I.M.S.のバンへ。

或人も駆けつけて変身し参戦。

不破はネオヒマギア共々或人も攻撃。

或人はカバンストラッシュでネオヒマギアのゲソを斬るも、活きが良く巻き付かれて苦戦。

ネオヒマギアは煙幕を出して逃亡。

行かせてしまったかと或人も慌てて撤退。

契約が失敗、テロリストの尻尾も掴めていないと副社長は嬉しそうに或人を煽り、シェスタは収支計画を下方修正、被害は甚大と報告された或人はゲソ野郎に邪魔されたからと、もうげっそり。

イズは戦闘の分析結果をアップロード。

衛星ゼアからの命令により新型のプログライズキーが構築完了。

そこに或人がやって来たので新型のプログライズキーだと言って渡します。

或人は逃げたネオヒマギアの行方を尋ねるも、検索中でまだ見つからないとイズは答えます。

一貫ニギローは或人に心がデータ化出来るかと質問。

一貫ニギローは大将が心を求めているので、心をインストール出来ればと解決策として提示するも、イズは心はデータ化出来ないとばっさり。

或人はイズにまごころ寿司について調べ物を頼みます。

不破は唯阿にネオヒマギアの手がかりについて尋ねるも、捜査中とあっさり。

不破はさっきから携帯をいじっているだけと何をしているのかのぞき込もうとするも、唯阿はブロック。

不破は俺のやり方でやると啖呵を切って行くと、唯阿は道具は使いようと不破をバカにします。

まごころ寿司に或人達はは一貫ニギローが目利きして仕入れたネタと共に現れ、もう1回握らせてくれないかと頼みます。

大将は追い返そうとすると、或人は大将の弟子達は誰も店を継がずに出て行ったと話すと、大将はどいつもこいつもついてこれなくなって心が折れてしまったと返します。

一貫ニギローが心は折れません、そもそも心がありませんからと割って入って、大将は微妙な表情に。

或人は元弟子に聞いた秘伝の握り方があるらしいと話しだします。

元弟子は対象の握り方の映像を或人、一貫ニギロー、うしろからひょこひょこ覗き見しようとするイズに見せ、大事だというけれども意味がわからないと話します。

対象の握り方を映像解析しラーニングして、イカを握ります。

大将は一貫ニギローにそれで真似したつもりかと尋ねると、一貫ニギローは握り方を真似することは出来た分析も試みたが、どうして非効率的な握りをするのか、結論は大将のまごころがあるのではないかと答えます。

大将はイカの握りを食べると、1万回握って出直してこいと言うと、一貫ニギローは1万回で良いのですねと承知。

大将は人間と違ってしぶとい野郎だと苦笑い、或人もそのやりとりを見てほほえむと、イズは大将は怒っているし状況は芳しくないのに何で笑っているのかと不思議がります。

或人は人間ってのは簡単じゃ無いと答えます。

迅はネオヒマギアに友達を増やす時間というと、ネオヒマギアはゲソを大量に伸ばし、ヒューマギアを暴走させ、一貫ニギローも暴走させられます。

イズは大将を支えて店外に避難、或人は暴走した一貫ニギローをなんとか食い止めようとします。

イズは壊すしか無いと進言、或人はせっかく大将とつうじあったのに壊せるかと諦めず。

そこに暴走したヒューマギア達が人々を襲いながら大量にやって来ます。

唯阿がやって来て一貫ニギローを銃撃、吹っ飛ばした勢いで大量のヒューマギアに紛れてしまい、或人はどれが一貫ニギローなのか分からなくなります。

バックアップさえあればいつでも復元出来る、それが人工知能ヒューマギアだと、例え壊しても作り直せばすむと唯阿は或人に向かって言います。

或人はヒューマギアは人間と心を通わせるパートナーであり、道具じゃ無いと主張するも、唯阿は、ただの道具だと言い切って仮面ライダーヴァルキリーに変身しヒューマギア達を次々に攻撃開始。

大将は或人に、道具では無い、ヒューマギアとどう付き合うかは人間次第だと言います。

或人はそれを聞くと、ネオヒマギアが現れ、イズに大将を任せて変身。

或人はゲソに巻き付かれて苦戦すると、新たなプログライズキーを使って、バイティングシャークへ。

お前を止められるのはただ1人俺だと改めて戦闘開始。

バイティングインパクトでネオヒマギアをあっさり撃破。

唯阿はダッシュラッシングブラストで暴走ヒューマギアを一気に殲滅すると、変身を解除してこれが戦い方の手本だと、側にいた不破に伝えます。

不破は2つあるなら最初から言えと抗議。

まごころ寿司と契約が成立し、或人はヒューマギアにも心があるように見えるのは俺だけかと、大将の心を動かしたしと言い、新品の状態からやり直しになったことを大将に詫びます。

大将は一から徹底的に叩き込んでやるから構わないとご満悦。

或人はイカを出され、大将が良いというならいっかと言うと、イズは今のは「イカ」と「いっか」をかけた面白いジョーク、アルトじゃナイト!と解説を始めます。

今回は偶然だったと、しかも真似しないでと或人は抗議。

視覚データを転送するプログラムを仕込んだ結果、デイブレイク時に消滅したと思われていたプログライズキーが飛電にある事を突き止めたと、唯阿はチェスを動かす男に報告。

方舟が動き出す鍵となるのは飛電の社長、ゼロワンと男は呟きます。

という事で、ゼロワン3話目という事で、ヒューマギアが様々な職業を担っているという事で、営業も兼ねた話を作ることができますよというのを提示した感じ今後もこういったものを踏まえた話でしばらくは行くという事でしょうか。

仮面ライダーに変身する3人、或人、唯阿、不破の3人のヒューマギアに対する現時点での考え方、人類の夢として肯定している或人、道具は道具でありそこに善も悪も無く使い方次第という唯阿、ヒューマギアを殺戮兵器としてしか見なさず全否定する不破の三者三様。

なかなか現実世界でも両極端にしか捕らえない人がいる中、道具は道具というのは一見すると冷たいのですが、一番真ん中だよなぁって、本当に何か事件が起こると道具の方に批難が行くと頭が悪いなぁと思う質でして、まぁ規制すべき道具というのもありますけれどもね。

前回のマモルに続き、一貫ニギローも同じタイプの別個体というのが出て来たという事で、今後もそういった描写が続くと、腹筋崩壊太郎も初期化されたものが登場するという事もありそうですね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スター☆トゥインクルプリキュア32+仮面ライダーゼロワン3+騎士竜戦隊リュウソウジャー26

騎士竜戦隊リュウソウジャー第26話「七人目の騎士」内容泣いている女性を慰めようと近づいたカナロ(兵頭功海)しかし、先にナダ(長田成哉)という男が女性に声を掛けてしまう。笑顔で去って行く女性を見送ったナダは、カナロに探していたと告げる。マスターレッドの弟子だったらしく。驚くコウ(一ノ瀬颯)たち。リュウソウジャーにはならなかったが、協力したいという。そんななか、マイナソーが出現。応戦に向かったコ...

仮面ライダーゼロワン 第3話「ソノ男、寿司職人」

第3話「ソノ男、寿司職人」 職人もAIの時代です。

仮面ライダーゼロワン 第3話「ソノ男、寿司職人」

第3話「ソノ男、寿司職人」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

仮面ライダーゼロワン 第3話「ソノ男、寿司職人」

仮面ライダーゼロワンの第3話を見ました。 第3話 ソノ男、寿司職人 或人はイズとともに寿司職人型ヒューマギア・一貫ニギローを売り込みに三ツ星の名店「まごころ寿司」へ向かう。 しかし、頑固職人の主人・魚住は「ロボットに寿司は握れない」と興味を示さない。 困り果てる或人だったが、そこへ対人工知能特務機関・A.I.M.S.の唯阿が現れた。 「ヒューマギアには優れた価値がある」 思わず身構え...

ソノ男、寿司職人

仮面ライダーゼロワン 第3話「ソノ男、寿司職人」仮面ライダーゼロワン | 東映ヒューマギアに心は理解できるか。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる