FC2ブログ

今日の読書 神々に告ぐ/安部龍太郎

戦国時代、下克上の世の中にあって朝廷の権威を必死に守ろうとした左大臣の近衛前嗣を主人公にした歴史小説になります。

三好長慶が勢力を伸ばし、室町幕府が蔑ろにされ、将軍足利義輝は権力を失った状態。

従兄弟でもある近衛前嗣は三好長慶、それ以上に三好家の家臣でありながら、それ以上の存在感もあり実質黒幕的な存在の松永久秀相手に、権謀術数を中心に奮闘するというものになります。

公家ですから、実際に戦を起こして勝つと言う手段が最初から無理、しかも朝廷も権威こそ残っているものの権力という意味では蔑ろにされているという中、公家は公家で一致団結しているわけでもなく、それぞれの思惑、保身で敵味方別れ、またどこからどこまで信用出来るか分からないという中での対抗手段が限られた中での奮闘ぶりというのが、戦国武将を主人公にしてないからこその視点で楽しめると思います。

ただ、神々の血統としての朝廷ですので、人知を越えた能力も散見されてしまうところもあり、歴史小説としての範疇を超えて伝奇小説扱いに踏み込みかけてもいるので、そこで多少引っかかる人もいるかもしれないなぁとは思いますし、私ももう少しそういうのは抑えめにしてくれた方がなぁとも思ったりはしましたね。

戦国時代で朝廷視点の作品は決して多くは無いので、それだけで面白味はありますし、『信長燃ゆ』に続く作品として重要なものであるなぁと言うのもわかりましたし、独立した作品でもあるので問題は無いとは言え、私は読む順番を間違えたなとも。

戦国秘譚 神々に告ぐ(上) (角川文庫) [ 安部 龍太郎 ]戦国秘譚 神々に告ぐ(下) (角川文庫) [ 安部 龍太郎 ]

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる